時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

海外芸能 芸能

ビバリーの年齢経歴プロフィールは?驚異のハイトーンボイスが凄い!

 

このハイトーンボイスの持ち主は一体!?

美声と一言では言い表せないその声は

今や日本中の注目の的。

 

もしかすると今後の音楽シーンで

台風の目になる存在とも指摘されている

シンガーなのです。

 

彼女の名前はビバリー(Beverly)

もう既にご存知の諸兄も多いことかと。

そう、フィリピンのシンガーなのです。

 

ビバリーが注目を浴びるきっかけは

2017年1月1日の元旦に放送された

『爆笑ヒットパレード』

 

まったりとお正月をコタツに入って

テレビを見ていた方に“衝撃”を与えた

一度聴いたら忘れられない歌声。

beverly2

むきかけのミカンの皮を

思わず手を止めた方も多いかと。

 

今回の記事は今年大注目の

ハイトーンボイスシンガー、ビバリーの

年齢や経歴プロフィールなど、

気になるアレやコレを調べてみました!


スポンサードリンク




 

フィリピン人は家族想いの勤勉家!

筆者が仕事を通じて知り合ったフィリピン人は

3ヵ国語を堪能に使い分けます。

 

現地の公用語とも言える“ピリピノ語”は

タガログ語としての方が有名かも。

そして英語に日本語。

 

この3カ国語は皆、普通に理解して

話しているそうです。

 

また、フィリピンはスペインの統治による

影響からかスペイン語も話すことができる

フィリピン人も多く、現在では中国系の

フィリピン人や韓国系フィリピン人も

多い事から、なんと!

 

現地の“ピリピノ語”(タガログ語)
英語
日本語
スペイン語
中国語
韓国語

...と、6カ国語を話す人が普通にいるとか。

 

それも貧しい国なので満足な教育も

行き届いていないにも関わらず...です。

 

家族を養うために幼い頃から女の子は

タレントになってお金を稼ぐ事を夢に見ます。

ハードなレッスンに耐えることができるのも

全ては“家族”のため。

 

そして様々なオーディションを受けて

タレントとして成功することが

いつしか彼女達の最大の目標に。

 

でも、タレントになったとしても

そんな“甘い”世界ではないようです。

 

多くは観光客相手のクラブやバーで

歌ったり踊ったりすることで

“日銭”を稼ぐのがやっとのタレントばかり。

 

また、オーディションを勝ち抜いて

日本に来日したとしても、そのほとんどは

全国各地の温泉地で泥酔客相手の

ショーに出演するだけのタレント。

 

それでも彼女達は必死に歌い、踊り続けます。

母国フィリピンで待つ親兄弟に

仕送りをするために。

 

そんな現実があるフィリピンの芸能界で

一躍脚光を浴び、日本で注目されるビバリー。

その魅力を次にご紹介。


スポンサードリンク




 

小栗旬も絶賛する歌姫ビバリー

現在放送中のフジテレビの人気ドラマ

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」。

 

そのオープニング曲は小栗旬自らビバリーの

歌唱力とパフォーマンスに惚れ込んで

ドラマプロデューサーに紹介。

 

そして主題歌の「I need your love」に抜擢。

これはすでに皆さんご存知かと。

 

2015年から活動の場を日本へ広げたビバリー。

しかし、以前からすでに海外の音楽シーンでは

その実力が知れ渡るほどのシンガー。

 

ここでビバリーのプロフィール紹介を。

beverly3

名 前:ビバリー・カイメン

生年月日:1994年6月20日

現年齢:22歳

出身地:フィリピン

職 業:シンガー

所 属:avex

 

ビバリーが出す高音域の声は

日本の歌姫の代表格として名高い美空ひばりと

同等かそれ以上とも。

 

名前も美空ひばりと似ている事から

ビバリーの名前は美空ひばりからでは...

そんな声も。

 

また、見た目もどこにでもいるような

普通の今時の若者。

女子高生でも通用するような童顔。

 

そんな普通のイメージからかけ離れた

圧倒的なパフォーマンスは

見る者、聞くものを釘付けにしてしまう...。

 

もはやブレイクは時間の問題かと。

今月5月末に発売予定の

ビバリー初のデビューアルバムAWESOME。

 

そのキャッチコピーがこれまた凄い!

“日本が初めて体感するハイトーンボイスを

ご堪能下さい!”と。

 

これ、適当な“ブラフ ”でないことは

ビバリーのMVをみれば明らかです。

 

今後は日本のみならず、世界の歌姫へと

成長するビバリー。

増々、目が離せない存在になるのかと。


スポンサードリンク




 

世界を席巻するフィリピン人

それにしてもフィリピン人女性タレントは

歌の上手い人が多いですね。

 

また、タレントに限らずフィリピンの

有名人を皆さんはどれだけ

知っているでしょうか。

 

筆者がまず1番に挙げるのは

やはり“不世出の英雄”パッキャオ

ボクシングファンならずとも、

 

一晩で160億以上を稼ぐフィリピンの

伝説的英雄。

もはや知らない人はいないかと。

 

そしてもう一人、

フィリピンの歌姫と呼ばれるシャリース。

 

今回の記事ではビバリーに注目しましたが、

フィリピンで歌姫と呼ばれるのは

やはりシャリース (Charice)でしょう。

 

えっ!?

シャリースって誰やねん?

そんなん知らんで...

 

と、そんな方のために今回はおまけで

フィリピンの圧倒的歌姫シャリースもご紹介。

 

アメリカBillboard 200アルバムチャートで

初登場でいきなり8位を記録した

アジア人初のアーティスト。

 

かつてはアメリカの番組で

「世界一才能のある少女」と紹介され

ホイットニーとの共演も果たした天才歌手。

 

しかし、家族が事件に巻き込まれるなどで

精神的による激太りや自らレズであることを

カミングアウトしたシャリースは

やがて音楽シーンの表舞台から消えます。

beverly4出典:www.ja.wikipedia.org/wiki/シャリース・ペンペンコ

 

年齢は1992年生まれの24歳。

ビバリーとはたったの2つ違い。

 

多くのファンが彼女の復活を待ち望み

応援している現実があります。

 

ここで、日本が注目する歌姫ビバリーと

フィリピンの歌姫として今も根強い人気の

シャリースを聞き比べて下さい。

 

圧倒的な声量とハイトーンボイスが

魅力のビバリーに対し、

 

ドジャースタジアムで開幕を迎え、

6万人近くの観衆の前でアメリカ国歌を

歌いきったシャリースの歌声を。

 

特筆すべきはシャリースの歌う

I will Always Love youのサビの部分。

もう、“鳥肌もの”です。


出典:You Tube公式サイト


スポンサードリンク



-海外芸能, 芸能