時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

政治

朝鮮半島有事のXデーが迫る?外務省の韓国旅行安全情報に異変が!

2017/04/08

 

今月5日、急遽韓国へ帰任することになった

長嶺安政・駐韓大使と森本康敬・釜山 総領事。

 

新聞やテレビ報道では

大統領不在の韓国に於いて、5月に行われる

大統領選と政権移行に向けた情報収集、

北朝鮮政策での連携を深めるため...と。

 

しかし、多くの国民は感付いています。

朝鮮半島での有事が近いのではと。

 

そして差し迫った有事に対して

邦人保護のために急遽韓国へ

帰任したのだろうという事も。


スポンサードリンク



実際、3月31日に行われた閣議後の記者会見で

北朝鮮情勢に関しての質問に対し、

「今、日本の新聞が書いているより深刻だ」と

このように述べています。

 

また、朝鮮半島から難民が流入する可能性には

「ゼロではない」としたうえで

日本経済にはマイナスになるとの懸念を表明。

 

そして極めつけがこちらの発言。

麻生財務大臣がこのように語っています。

「今度はミサイルに核弾頭がついているという
話になると規模の大きなことになりかねない。
それに備えないといかん」との話を。

 

マジか!?

ウソやろ?

ウソやと言って!

 

どこからかそんな声が聞こえてきそうですが...

 

まぁ、毎日の生活に追われる筆者を始め、

多くの方達もどこか遠い国の出来事・・・

そう、思われているのでは?

hantouyuuji1

 

そこで筆者は、そんな情勢が不安な朝鮮半島、

とりわけ、韓国旅行に行く奴がおるんか?

そう思い、外務省“海外安全ホームページ”

覗いてみると...!?


スポンサードリンク



 

大使帰任の目的はやはり法人保護!

最近までは記述のなかったはずの

韓国旅行への注意喚起を促す文面。

 

ところが昨日覗いた

海外安全ホームページにはこんな記述が。

現在,危険情報は出ておりませんが,
北朝鮮との関係において,朝鮮半島情勢は
引き続き予断を許さない状況にあります。

最新スポット情報,安全対策基礎データ,
在韓国日本国大使館/総領事館の
ホームページや報道等から常に最新の
情報を入手し,
安全対策に心がけてください。

 

“予断を許さない状況にあります”...と。

 

なるほど・・・

新聞やテレビなどでは伝わってこない

緊迫した半島情勢を窺い知ることができます。

 

まぁ、外務省がこんな情報を流している以上、

邦人保護の観点からも

大使の帰任は当然の結果かと。

 

万が一、有事になり邦人に何かあれば

野党が何を言い出すか火を見るより明らか。

この決定に異議を唱える者はいないでしょう。

 

次に、まことひそかに囁かれるXデー。

そんな最悪のXデーは本当に来るのか?

もし来るとしたらいつ頃なのか?

 

もしかしたら政府はすでにその最悪の

最悪のXデーを知っているのでは?

そう、トランプ大統領から事前に

通告されているのでは?...と。

 

その日は突然やってくる!?

米軍による空爆のXデーが噂される中、

行われている米中会談。

 

会談の中身が未だ明らかにはなっておらず、

その内容が気になるところです。

 

あまりに巨額の中国による貿易赤字の件?

中国によるサイバー攻撃の件?

南シナ海の件?

 

おそらく一番の議題は北朝鮮問題でしょう。

アメリカ本土まで到達する核を積んだ

ミサイルがもうすぐ完成するかも

しれないのですから。

 

過去、北朝鮮に関してアメリカは

中国による“制裁”を期待。

 

しかし、金正恩は中国のいう事を聞くどころか

未だに中国へは足を踏み入れておらず、

ますます険悪な雰囲気になっています。

 

これ以上は看過できないアメリカは

本土に到達するミサイルの完成前に

北朝鮮を叩くだろうというのがもっぱらの噂。

 

今の中国に北朝鮮の暴走を止める力が無い事を

アメリカは既に見抜いているのでしょう。

 

アメリカを甘く見過ぎている金正恩氏。

6日にも化学兵器の使用が疑われる

アサド大統領への対抗措置として、

 

地中海に展開する2隻の米海軍駆逐艦から

50発以上のミサイルを発射。

 

 

もしかしたら・・・

いきなり団子...じゃなくて

いきなりミサイルを

本当に打ち込むつもりなのか?

 

アメリカ相手に勝算があると本気で考えて

核開発やミサイル発射を繰り返す

こんな国、“もう、いらね”と。

 

多くの国民はそう感じているでしょう。


スポンサードリンク



-政治