時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

アーチェリー オリンピック スポーツ

古川高晴の経歴と実績は?4回目の五輪でウルトラマンが金を狙う!

2012年のロンドン五輪に続き、リオ五輪では

益々、メダルの期待が高まる古川高晴選手。


スポンサードリンク



 
連日のオリンピック放送が深夜放送のため

寝不足の方も多い事と思います。

 

今回のリオ五輪、ダークホース的な

カヌー競技の羽根田卓也選手が銅メダルに

輝くなど、続々と日本に嬉しい報告が

届いています。

 

今回の記事は4回目のリオ五輪で

銀メダル以上の獲得を狙うウルトラマンこと

古川高晴選手に注目してみました。
 
furukawatakahiro2 出典:http://www.asahi.com/topics/word

 

古川高晴はウルトラマンって!?

古川高晴がウルトラマン???

いったい何のこっちゃ!?・・・と。

 

古川高晴さんがウルトラマンと呼ばれるのは

お正月番組で例年放送される日本テレビの

ウルトラマンDASH』という番組。

 

オリンピック銀メダリストの技術を

余す所無く披露するもので、この番組を

見て古川高晴さんを知った方も多いのでは?

 

筆者も毎年見ている番組ですが、

古川高晴さんが披露したアーチェリーの

技術がこれまた “凄い”んです!

 

番組タイトルは

「アーチェリー銀メダリスト古川高晴は

30M先の寿司のマグロだけを射抜けるか」

というものでした。

 

30M先にある太巻き寿司は直径7cm、中の

マグロは2cm。

 

結果、見事にマグロだけを射抜いた古川さん。

まさにこれがウルトラマン!

彼の技術の高さを証明した瞬間でした。

 
その時の映像がコチラです。

 
次にウルトラマン古川高晴選手の経歴

実績をご紹介します。


スポンサードリンク



 

競技歴4年でアテネ五輪出場の天才!?

古川高晴さんがアーチェリーを始めたのは

高校生になってから。

 

オリンピックに出場する選手は小さな時から

始める選手が多い中で、遅咲きの選手とも。

 

高校3年に出場した高知国体で優勝。

近畿大学では1年生から全日本のメンバーに。

 

そして2004年のアテネ五輪での個人戦では

2回戦に進出し、団体戦では8位入賞。

 

わずか4年の競技歴でオリンピック出場って

あんた天才!?

そんなキャラちゃうやんか!

 

・・・と。

 

テレビで見せるイメージとの違いに

筆者もビックリの経歴です。

 

名前:古川高晴(ふるかわ たかはる)

生年月日:1984年8月9日

現年齢:32歳

出身地:青森県青森市

身 長:174cm

体 重:84kg

高 校:青森県立青森東高等学校

大 学:近畿大学

職 業:近畿大学職員

実 績:2004年アテネ五輪出場(団体8位)
    2008年北京五輪出場
    2012年ロンドン五輪で銀メダル
    2015年世界選手権で銅メダル

 

furukawatakahiro3出典:http://www.asahi.com/topics/word

174cmに体重89kgですか...

少々メタボ気味なのでは?...と。

 

でも、これ位の体重があるからこそ

アーチェリーの弓を綺麗なフォームで

支える事が出来るのかもしれません。

 

4度目の五輪で金を狙うウルトラマン

ここにきてリオで金メダルを狙う古川高晴に

“追い風”が!

 

世界ランキング1位で韓国の絶対的エース

金優鎮(キム・ウジン)選手が2回戦で敗退。

 

男子の個人、団体戦の組み合わせを決める

ラウンドランキングで金優鎮はなんと!

世界新の700点をマークしたばかり。

 

対して古川高晴選手は680点の7位。

「信じられない。700点はイメージできない」

と、コメントするほどでした。

 

その韓国のエースが2回戦で敗退したことで

古川高晴選手への期待は益々高まるばかり。

 

ほんとは金優鎮を倒して“金”を獲得して

欲しかったのですが、勝負は水ものです。

しかたありません。m(_ _)m

 

連日届く日本選手の活躍に沸く日本列島。

この記事を書いている最中も柔道女子の

金メダル獲得と男子90kgで悲願の金と

速報が続々と入って来ました。

 

さらに、7人制ラグビーでも

フランスを破りベスト4と快進撃を伝える

速報も。

 

アーチェリーでも“ウルトラマン悲願の金”

という速報を期待したいですね。


スポンサードリンク



-アーチェリー, オリンピック, スポーツ