時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

政治

後藤輝樹の正体を暴く!本業や年齢経歴は?選挙ポスターが話題に!

2017/03/23

 
舛添前都知事の辞職・・・と言えば

聞こえは良いけど、実際には数々の不祥事で

都政を追われた事によって行われる

2016年の都知事選挙。


スポンサードリンク



 
舛添も舛添なら彼を選んだ都民もまたしかり。

但し、舛添を支援していたのは自民党です。

 

本来ならば、今回の都知事選挙では舛添を

支援した反省から、推薦候補を立てるのは

筋違いだと思うのですが・・・

 

今回、都知事選に立候補しているのは21人。

その顔ぶれの中には、“こいつは一体!?”

思えるような人物も!

 

その中の一人、後藤輝樹に注目しました。

今、後藤輝樹の選挙ポスターが話題のようです。

 

日本を世界一強く、世界一優しく、世界一面白い(美しい)国にする。って?

後藤輝樹さんオフィシャルサイトの

都知事選用の見出しタイトルです。

 

そして話題のポスターがコチラです。(笑)

gotouteruki1出典;http://gototeruki.web.fc2.com/index.html

 

うぉ!?

何じゃこりゃあ!!!?

 

と、いうのが筆者の感想です。

 

旭日旗とともに軍服姿で写っている姿は

どう考えても選挙用のポスターとは思えません。

 

それに名前などの情報も一切なし!

 

単なる“コスプレ”では?・・・

そんな印象を受けるポスターですね。

 

後藤輝樹さんの事が気になった筆者は

彼の政策や選挙公約が気になり調べると・・・

 

面白そうなので後藤輝樹オフィシャルサイトより
引用してみました。

☆ 皇歴2676年という世界最古の男系皇統を守ります。
☆ 天皇陛下が日本の国家元首(君主)と法で定めた上で日本に大統領制を導入します。
☆ 道州制に移行したのち、天皇陛下が国家元首(君主)とする八つの独立国に分離し、
日本連合(NUまたはJU)を作ります。
☆ 参議院は廃止します。
☆ 東京五輪中止または超低コストでやります。
築地市場移転を中止、見直しします。
都営地下鉄と東京メトロの乗り継ぎに伴う二重払いをやめ、料金体系を見直します。
☆ 横田基地を返還させ、横田空域を解放し、首都圏の空の主権を回復します。
☆ 排気ガス税を導入し、エコカーを普及させ、排気ガスゼロを目指します。
☆ 気持ち良くジョギング出来るくらい東京を空気の超綺麗な街にします。
☆ 気持ち良く海水浴が出来るくらいに東京の海を沖縄のような超綺麗な海にします。
☆ 気持ち良く川水浴が出来るくらいに東京の川を超綺麗な川にします。
☆ ドバイや上海などを越える世界一の近未来ハイテク都市を東京に作ります。
☆ オフィス住居一体型の500メートル級以上の超高層ビル群を建設します。
☆ 江戸城天守閣を再建します。
☆ 世界一の超高層建築物を日本に作ります。
☆ TDLやUSJを超える日本の漫画アニメ特撮等の純国産テーマパークを作ります。
☆ ガンダムのようなロボットを世界に先駆けて日本が開発します。
☆ 公立の大学高校中学校小学校の授業料、給食費等全てを無料にします。
☆ 学校給食を無農薬や食品添加物無添加の食材を出来るだけ使い、
和食を中心とした米飯給食にします。
☆ 公立学校に学校朝食を導入します。
☆ 農薬使用税や食品添加物使用税等を導入し化学物質を極力使わない世の中にします。
☆ 自虐史観を止めて、健全な愛国心を育み、歴史教科書の検定を刷新します。
☆ 日本人として適切な歴史観、国家観、世界観、3つの観を持った日本人を育てます。
☆ 12歳で準成人、15歳で成人(元服)にします。(飲酒、喫煙、深夜労働は20歳から)
☆ 15歳で選挙権、18歳で被選挙権を与えます。
☆ 教育委員会、日教組を解体します。
☆ 選挙の投票を義務化し、立候補の供託金を一律10万円にします 。
☆ 教育勅語と修身を必修化し、古き良き日本人のモラルを取り戻します。
☆ 男子生徒全員に空手、柔道、合気道など武道の段位取得を必修にします。
☆ 防災訓練を必修にします。
☆ 1度だけ歯列矯正を無料にします。
☆ 日本の大学数を100校以下まで減らして、大卒を本当のエリートにします。
☆ 日本人の出生率を上げて、人口を1億5000万人に増やします。
☆ 日本らしさを守るためにも、外国人移民による人口増加には断固反対します。
☆ 世界で見ればマイノリティである日本の文化伝統を守り、後世に残していきます。
☆ 東京都心の最低時給を1200円以上にします。
☆ 最低賃金を都道府県でなく市区町村単位で決め企業規模に応じて変動可能にします。
☆ 原則、年金や生活保護、雇用保険、子供手当などを廃止し、
全ての低所得者(国民)に毎月8万円支給します。(ベーシックインカム導入)
☆ 生活保護は原則廃止、生活困窮者には生活保護施設兼社会更生施設で共同生活。
☆ 過度な医療や介護、延命治療はしません。
☆ 安楽死(尊厳死)を合法化します。
☆ 生まれてから死ぬまでの既往歴が自宅でも病院でも日本全国どこでも
把握できる全国共通インターネット電子カルテの導入を義務化します。
☆ 大日本帝国憲法を基にした日本人のための純国産自主憲法を作ります。
☆ 日本を周辺諸外国にナメられない国にします。
☆ 日本を世界一強く、世界一優しく、世界一面白い(美しい)国にします。
☆ 日本の借金約1000兆円を10分の1以下に減らし、財政を健全化します。
☆ 日米同盟を維持しつつも、在日米軍の完全撤退を目指します。
☆ 反日的な国とは疎遠にし、親日的な国と親日国家共同体を作ります。
☆ 国内反日分子を一掃し、将来的に自衛隊を日本軍にし、核武装します。
☆ 日本版CIAと日本版FBIを創設します。
☆ 横浜都構想を実現させます。
☆ 地震、津波および気象兵器テロ(人工地震兵器等)対策をします。
☆ 日本の食料自給率およびエネルギー自給率100%以上を目指します。
☆ 原発の代替エネルギーが出来るまでは原発を活用し、原発の安全性を向上させます。
☆ 千島列島、南樺太、竹島を取り戻します。
☆ 通名制度などの在日特権を無くします。
☆ 人の道に外れた暴力団は徹底排除しますが、任侠ヤクザは公認します。
☆ 大麻を合法化して日本の国草「大麻」のイメージを回復し大麻産業を復活させます。
☆ 覚醒剤等や明白なレイプの最高刑を死刑にします
☆ 覚醒剤のおとり捜査を認めます。
☆ モザイク無しのエ○ビデオやエ○本、エ◯漫画など無修正ポ◯ノを合法化します。
☆ 性風俗業を合法化し、風俗ポ○ノ税を導入します。
☆ パチンコ店を減らします。パチンコ税も導入します。
☆ 消費税、所得税、住民税、法人税等を物や地域や世代等で自由に設定可能にします。
☆ 独身税、肥満税、海外旅行税、ペット税、企業に対する食品ロス税、
ハリウッドや韓流などに対する外国文化税などの新税を導入します。
☆ 消費税を原則廃止し、物品税(ぜいたく品税)を復活させます。
☆ 年間収入100億円以上の宗教法人に宗教法人税を課します。
☆ 日本国内の過疎地にタックスヘイブン特区を作ります。

 

中には“まとも”な公約もあるようですが・・・

 

また、国防では特殊部隊の創設を挙げ

“科学忍者隊”的なのを作る、と述べています。

ガッチャマンの事を言っているのでしょうか?

 

これは是非とも実現して欲しいです。

 

 

そして、外交領土問題については

“宇宙人と仲良くする”とも。

 

彼が言うには、

「俺の推測で言うけど、

すでに宇宙人は地球に来てるし、もしかすると

もう住んで、溶け込んでる可能性もある。

公にしないのは、世界が混乱するから。」

 

だそうです。はい。

是非とも仲良くなりましょう!

筆者の私もその意見には大賛成です。

 

そして、気になるのが

このような政策や公約を打ち出している

後藤輝樹って何者?という疑問。

 

その正体年齢経歴本業

莫大な費用がかかる選挙資金の

調達などの謎に迫っていきます。


スポンサードリンク



 

売名行為?それとも本気?

後藤輝樹さんは2011年から現在まで

数々の選挙に立候補。

 

過去の選挙歴を見ると

★神奈川県議会議員選挙
★目黒区長選挙
★港区長選挙
★千代田区長選挙
★東京都議会議員選挙
★千代田区議会議員選挙

と、6回の選挙に出ていますが

全て黒星です。つまり“落選”。

 

また、その時々の選挙用ポスターも

“ヤバ過ぎる”ものばかり。

 

それがコチラ↓です。

gotouteruki2

gotouteruki3

gotouteruki4

gotouteruki5

 

もう、“ネタ”の世界ですね。

唯一まともなのは最後のポスターくらいかも。

 

 

ここで後藤輝樹さんの経歴をご紹介します。

 

名 前:後藤輝樹(ごとう てるき)

生年月日:1982年12月8日

現年齢:33歳

身 長:170cm

出身地:東京都

高 校:神奈川県立清水丘高校

職 業:便利屋(自営業)

 

また、後藤輝樹さんは過去に陸上自衛隊にも

入隊した経歴があるそうです。

 

そして、最大の疑問である選挙資金。

この選挙資金はどうやって工面しているのか?

この謎に迫っていきます。

 

後藤輝樹にはスポンサーがいるのか?

2011年から毎年のように

選挙に出馬していた後藤輝樹さん。

 

ある年には2回も選挙戦に出る事も。

 

これだけ頻繁に選挙に立候補して、その

“選挙費用”はどうやって捻出しているのかが

非常に気になるところです。

 

選挙に立候補するには

まとまった資金がどうしても必要。

 

今回の都知事選の場合、“供託金”が300万円。

また、選挙活動に必要なポスターや人件費、

街宣車やのぼりなど、様々な諸経費が。

 

少なく見積もっても、今回の都知事選では

1000万位は必要になるのでは?

 

後藤輝樹さんが経営されている

“便利屋”は一人だけでされているようです。

 

ご本人は「10代の頃から貯めた貯金」で

政治活動をしているだけと話しています。

 

って、どんだけ貯金があるねん!

と、思わずツッコミも。

 

やはり、実家が資産家なのでは?

後藤輝樹さんのスポンサーは両親?

 

と、そんな想像をしてしまいます。

 

 

今回の都知事選でマスコミがテレビで

紹介するのは「主要3候補」だけ。

 

他の18候補はマスコミにとっては

“どうでも良い存在”なのかも。

 

どうやらメディア主導によって

「主要3候補」から都知事を選んで下さいね。

と、そのような気がしてなりません。

 

とは言え、小池百合子と後藤輝樹を同様に

扱うのは無理があるのは仕方ないかも。(笑)

 

今回の都知事選候補者では後藤輝樹さんを

ご紹介しましたが、他にも“この人は!?”

と思える人物をご紹介します。

 

この都知事選に旋風を起こしている

もう一人の候補者桜井誠氏。

 

前回の都知事選での動画配信回数で

60万回をたたき出した田母神氏の数倍にも

上る配信回数を記録しそうな勢い。

 

ネットでは人気No.1とも言える存在。

この桜井誠氏は別の記事でご紹介しています。

宜しければコチラからどうぞ!m(_ _)m

最新の桜井誠氏の記事を追加しました!


スポンサードリンク



-政治