時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ 芸能

マサオ少年(石山昌)の仕事はバーの店長!店の場所とお勧めメニューは?

 

はい。マサオ、Jリーグカレーよ

もりもり食べて強くなってね。

と、母親から出されたカレーを一気に平らげる

テレビの中のマサオ少年

 

するとどうでしょう、

マサオ少年はみるみるうちに

ひげ面のラモス瑠偉に変身。

その時のCMがコチラです。

 

このCM、1993年のJリーグ発足と開幕に際し

販売を開始した商品で、放送当時は

最新のデジタル技術が話題に。

 

CMを初めて見た時はあまりのリアル感に

目が“釘付け”になったほど。

 

無類のカレー好きの筆者も週末には

Jリーグカレーを求めてスーパーへ。

 

販売元はお茶漬け海苔で有名な永谷園。

購入したJリーグカレーは

中辛と辛口の2種類だったような...

 

気になる味ですが...

・・・う〜ん、なんとも微妙な...

 

やはりレトルトカレーはハウス食品の

『カレーマルシェ』や明治の『銀座カレー』

S&Bのバターチキンカレーに軍杯が。

 

永谷園にはお茶づけ海苔や

お味噌汁のあさげ、松茸のお吸いもので

これからも頑張ってもらいましょう。と。

 

でもね、食欲のなくなる暑い季節は何故か

お茶づけ海苔だけは食べたくなります。

 

で、JリーグカレーのCMに出ていたのが

マサル少年で当時12歳。

 

今は芸能人でなく、一般人とのこと。

名前は石山昌さんと言い、現在36歳。

 

仕事は横浜のレストラン&バーで

店長を任されていると言います。

 

一世を風靡したあのCMから約四半世紀。

“ラモス小僧”の石山昌さんの気になる

仕事場を調べてみると...!?


スポンサードリンク



ハマボールイアス店のイケメン店長

石山昌さんが働くお店の名前は

BAR & GRILLアメリカン・グリルレストラン

『American House』

ハマボールイアス店。

masaru2出典:www.americanhouse.co.jp

こちらのお店は1960年代の古き良き

アメリカを彷佛とさせるイメージのお店。

 

店内の内装はもとより、さりげなく置かれた

こだわりのアンティークやディスプレイ、

大柄な男性もゆったりと座れるブースと

気軽にお酒も楽しめるバーカウンター等々。

 

もしかしたらオーナーは

ジェームスディーンの熱狂的なファンかも。

 

とにかくオールディーズファンには

たまらない魅力のお店のようです。

 


スポンサードリンク



石山昌さんが店長を務める店はここ!

ここでハマボールイアス店の情報をご紹介。

所在地:横浜市西区北幸2-2-1
    ハマボール イアス1F

電 話:045-620-5877

営 業:11:00am~24:00pm

座席数:86席

駐車場:施設内駐車場有

 

料理の数々は本場アメリカンテイストに溢れ、

家族連れにもリーズナブルな料金設定。

 

仕事帰りにひとりバーで飲むも良し、

またカップルでも楽しめるお店のようです。

 

こちらのお店のHPを覗いてみたところ、

今年の5月5日こどもの日に、毎朝放送される

『スッキリ』に石山昌さんが出演されたとの

特集記事が掲載。

 

その記事、石山昌店長の正体は、ラモス!!!!!!

...と、ビックリマークが6個も。

 

そして記事の最後には...

店長マサオくんに会いにきてください。と。

う〜ん、商売上手なお店です。

 

イケメンに成長したマサル少年、

カウンターの中でシェイカーを振る姿も

カッコ良く映し出されています。

masaru3出典:www.americanhouse.co.jp/news-topix

どうやら石山昌さんは学生時代の頃より

アルバイトでバーテンダーをしていたとの事。

 

だとすれば、シェーカーさばきも

もはや、お手の物なのかも。

イケメン店長が作るカクテルに

女性ファンが急増するのでは?と。

 

で、お勧めのメニューですが、

どれもこれもが美味しそう!

 

でも、アメリカンハウスという店名からも、

ステーキにハンバーガー、チキンと

肉を想像していましたが...

 

筆者がぜひともオーダーしたいと思うのが、

各種のドリンクメニューです。

 

今まで見た事のないカクテル類。

普段はビール党の筆者も思わず

ぜひとも飲んでみたい!と。

 

こんなカクテルを作る

元マサル少年と話しながら飲んでみるのも

面白いかも...です。

 

あのJリーグカレーのCMから24年...

本当、月日の経つのは早いものです。

時間を大切にしなくては...と痛感です。

-エンタメ, 芸能