時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ

ジョジョ最強と人気キャラは?石仮面が実在した人工洞窟の場所も!

 

四半世紀を遥かに超え、30年の歴史を誇り

今なおファンの心を惹き付け続ける

ジョジョの奇妙な冒険

 

この間のシリーズ累計発行部数は

なんと!“1億冊”を突破!

現在もその記録を更新中なのです。

 

本年8月、その『ジョジョの奇妙な冒険』が

実写版として映画化が決定済み。

 

過去にはシリーズの4部作がアニメ化に。

深夜帯の放送にも関わらず、

その放映を楽しみにしていたファンも

多いでしょう。

 

そこで筆者は考えました。

 

30年以上の歴史を誇る

ジョジョの歴史を全て知っている

ファンがいるのか?...と。

 

ジョジョといえば圧巻のスタンドバトルが有名。

しかし、シリーズ全編に渡って続けられる

ジョースター家とディオの因縁を理解するには

やはり、1作目が鍵になるでしょう。

 

若い読者の中にはジョジョの奇妙な冒険を

途中から読み始めた読者も多いはず。

 

ならば、1作目から最新作まで、

ジョジョにまつわる数々の疑問や

謎、そして最強のスタンド使いや

人気No.1のキャラを筆者目線でご紹介。

 

あくまでも“筆者目線”であることを

ご了承のほどを...m(_ _)m

 

又、ジョジョとは切っても切れない

“石仮面”が実在した?という、

驚愕の事実も今回の記事でご紹介。

 

そう、全ての始まりは...

この石仮面から始まったとも...。


スポンサードリンク




 

早読みジョジョヒストリー

ここでは第1部から最新の第8部までの

ジョジョの歴史を簡単にご説明。

 

第1部【ファントムブラッド】

舞台となるのは19世紀末のイギリス。
主人公のジョナサン・ジョースター
宿敵ディオ・ブランドーの闘いからスタート。

第1部にはその後の物語の鍵となる“石仮面”が
登場し、様々な憶測を呼ぶ展開となる。


第2部【戦闘潮流】

舞台となるのは1938年のアメリカ。
主人公はジョナサンの孫である
ジョセフジョースター

祖父であるジョナサンと同じく“波紋”
身に付けて食物連鎖の頂点に立ち、
人類の脅威となりうる「柱の男」を倒すべく
闘う、波紋バトルの集大成作品。

 

第3部【スターダストクルセイダース】

舞台となるのは1987年の日本。
ジョセフの孫である空条承太郎が主人公。

100年の時を経て復活したディオとの
因縁の対決に決着をつけるため仲間と共に
エジプトを目指す。

尚、“スタンド”という能力は第3部から
初めて登場。

 

第4部【ダイヤモンドは砕けない】

舞台となるのは1999年の日本。
主人公はジョセフの隠し子の東方仗助
空条承太郎とは異母兄弟。

邪悪なスタンド使いから杜王町を守るため、
仲間と共にスタンド使いと壮絶な激闘を
繰り広げる作品。

 

第5部【黄金の風】

舞台は2001年のイタリア。
この物語の主人公は“ディオの息子”である
ジョルノ・ジョバァーナ

作品では“ギャングスター”へ上り詰める姿と
仲間との友情を描いている。

 

第6部【ストーンオーシャン】

この作品の舞台は2011年のアメリカ。
承太郎の娘である空条徐倫が主人公。

物語は空条徐倫とジョースター家との
因縁の敵との闘いをメインに描いた作品。
シリーズを通して初の女性主人公。

 

第7部【スティール・ボール・ラン】

舞台となるのはアメリカのサンディエゴ。
ジョジョの奇妙な冒険の連載開始から20年。

主役はシリーズを通して初の2人が主人公。
ジョニィ・ジョースター
ジャイロ・ツェペリの2人。

北米大陸横断レースを制するための奮闘劇。
大作漫画と称される“超大作”

 

第8部【ジョジョリオン】

舞台となるのは日本のS市杜王町。
主人公は大震災で出来た“壁の目”近くの
土に埋もれた記憶喪失の東方定助。

自分の正体を探るうちに次々と現れる
敵スタンドとの闘いに巻き込まれて行く。

尚、彼が発見された当時は名も無き青年が
東方憲助の養子となり、東方定助を名乗る。


スポンサードリンク




 

ジョジョ最強キャラはコイツだ!

さて、駆け足ですがジョジョの歴史を

ご紹介しましたが、

次は“筆者目線”でシリーズ通しての

最強キャラと人気No.1の主人公を選びました。

 

それは違うやろ!

最強はやっぱりアイツやろ!!!

 

...と、そんな声は一切無視させて貰います。

そう、あくまで筆者の思い込みと

独断と偏見に満ち満ちたものである事を

何卒、ご了承の程を m(_ _)m

 

 

筆者が選ぶNo.1の最強キャラは!?

...と、その前に伝えなければいけない事が。

 

それは、当然のごとく物語が進むにつれて

キャラクターが強くなっていくのは

どんな漫画でも当たり前です。

 

空条承太郎がディオとの最終決戦では

スピードやパワーだけでなく、“時を止める”

能力に目覚める等、進化し続ける無敵の男。

 

その無敵の男、空条承太郎を倒した

プッチ神父のスタンドである

メイド・イン・ヘブンが最強か?

 

それともジョルノ・ジョバァーナのスタンド

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムが

最強なのでは?...と、

 

多くのジョジョファンは考えるでしょう。

 

そんな群雄割拠のスタンド使いがひしめく中、

筆者が選ぶ最強キャラは食物連鎖の頂点に立つ

“究極生命体”のカーズを最強と認定。

 

理由は細胞レベルで身体を分解し、

様々な生物にも変身することができることと、

不老不死でどんな傷も短時間で治癒する能力。

 

また、エイジャの赤石の力で完全版の石仮面で

弱点であった太陽をも克服。

もはや無敵の完全究極生命体に。

 

それ故、第2部でのジョセフとの最終決戦で

火山弾によって宇宙空間に吹き飛ばされた

カーズは現在も宇宙空間で“生きたまま”

漂い続けている究極のモンスター。

 

以上、問答無用でカーズを最強No.1に。

 

 

20XX年、資源を宇宙に求めて地球を離れた

一隻の宇宙船。

 

そこでクルーが宇宙空間に漂うカーズを

興味本位に地球に持ち帰ってしまう...

 

そう、最悪のカーズ復活の瞬間です。

地球を支配し、改めて食物連鎖の頂点に立ち、

人間を食糧にしようとするカーズ。

 

そのカーズを倒すため、最強スタンド戦士が

集い、激闘を繰り広げる...

 

そんな壮大なシリーズの続編を

ジョジョファンは一度は思い描いたことが

あるのではないでしょうか。


スポンサードリンク




 

ジョジョ人気No.1キャラはこの男!

この人気No.1キャラ。

アンケートの結果でもなんでもありません。

 

筆者が好きなキャラNo.1なのです。

もう一度言います。

 

あくまで筆者が独断と偏見で選んだ

人気キャラNo.1であることを。m(_ _)m

 

30年の歴史を誇り、シリーズも8部まで続く

ジョジョの奇妙な冒険に登場するキャラは

皆、魅力がある人物ばかりです。

 

それも悪の帝王や悪のカリスマと呼ばれる

第3部に登場するディオでさえも。

 

このディオ、アヴドゥル曰く「心の中心に

忍び込んでくるような凍りつく眼差し、

黄金色の頭髪、透き通るような白い肌、

男とは思えないような妖しい色気」と表現。

 

確かにディオの魅力は悪であるにも関わらず、

その魅力は語り尽くせません。

 

筆者は悩みました...。

 

そして3人のキャラクターを絞りました。

第3部登場の空条承太郎とディオ、

第2部に登場するジョセフ・ジョースターと。

jojo3

で、筆者が選んだ、というか好きなキャラは

やはり、ジョセフ・ジョースターを筆者が選ぶ

人気No.1キャラと認定。

 

その最大の理由はlキャラの性格というか

自由奔放な明るさと性格。

そして何よりも痛快な策士ぶり。

 

もう一つの選定基準は・・・

友達にするには誰が一番?と。

 

そうなると悪のカリスマディオは除外。

承太郎はクール過ぎて友達にはちょっと...

ということで最後にジョセフを選定。

 

以上、筆者の選ぶ人気キャラ堂々の1位が

ジョセフ・ジョースターとなりました。


スポンサードリンク




 

実在した石仮面!?

記事冒頭で話したとおり、

ジョジョの奇妙な冒険に登場する石仮面、

壮大な物語の“キーアイテム”です。

 

その石仮面が実在していたのでは?

と、そんなニュースをご紹介。

 

ネタ元は不思議と謎の大冒険で人気の

カラパイアです。

 

まずは“リアル石仮面”の画像をご覧下さい。

jojo2 出典:http://karapaia.com/archives/52239927.html

 
この石仮面はイギリス南東部にある

400メートルの人工洞窟内のもの。

 

この洞窟名はヘルファイア(地獄の火)との

別名を持っているそう。

 

18世紀に作られたこの洞窟内では

世界中から多くの著名なメンバーが集まり

会合が行われていたと言います。

 

このメンバー、今でいうところの

フリーメイソンみたいなものだったのかも。

 

また、会合の内容はわかりませんが...

おそらく、世界征服の為の会合だったのでは?

 

しかしながら良くできた石仮面です。

薄暗い洞窟でこんな石仮面を見つけたら

心拍数と血圧は急上昇ものでしょう。

 

もうね、こんな石仮面が実在したことに

筆者はぶったまげてしまいました。

 

作者の荒木飛呂彦先生はこの石仮面の存在を

知っていたのでしょうか。

 

知っていたからこそ、これをヒントに

第1部のファントムブラッドを描いたのではと、

そんな気がしてなりません。(; ̄Д ̄)

 

さて、今夏最大の話題作ジョジョの奇妙な冒険

『ダイヤモンドは砕けない第一章』が8月公開。

 

主人公の東方仗助を演じるのは山﨑賢人。

数々の映画やTVドラマ、CMに出演する

爽やかな印象の若手の俳優です。

 

その彼がどんな東方仗助を演じるのかも

非常に興味のあるところです。

 

また、偶然なのか必然なのか、

山崎賢人さんの所属事務所の名前が

スターダストプロモーション。

 

奇妙なことにジョジョとの繋がりを感じるのは

筆者だけ?w( ̄o ̄)w オオー!

 


出典:You Tube公式サイト

スポンサードリンク



-エンタメ