時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

ゴシップ

子守康範の不倫浮気相手は?プロフィールと嫁や年齢も気になる!

2016/07/06

最近やたらと不倫報道が多く、“またか!”と、

少々、呆れ気味の筆者でありますが、新たな

不倫報道が飛び込んできました。


スポンサードリンク




関西では知る人ぞ知るフリーアナウンサーの

子守康範さんに関する不倫報道です。

 

今回は、子守康範さんのことをまだ知らない!

という方のために、彼に注目してみました。

 

23日発売の「週刊新潮」に不倫問題が掲載!

子守康範さんは、自身がパーソナリティを勤める

子守康範 朝からてんコモリ」という

ラジオ番組内で、23日発売の週刊新潮にて

ご自身の不倫問題が掲載されることを念頭に

不倫の謝罪を行いました。

 

この、番組は早朝の5時からオンエアされ、

8時までの3時間の番組となり、関西では

多くのリスナーを抱える人気番組。

 

番組終盤に、彼が

「突然のお知らせですが」と

切り出したのです。

 

多くのリスナーは

番組終了のお知らせかと思いましたが、実は

冒頭の不倫問題への謝罪でした。

 

はぁ?

 

なんじゃソレ!

 

多くのリスナーはさぞ驚かれた事でしょう。

 

“色恋沙汰には無縁な男”

 

そんなイメージが彼にはありましたから。

 

 

本当、人は見かけによらないものです。

 

番組内で謝罪したのも、

週刊新潮に報道されることで、

 

「もはやこれまで!」

 

そんな思いがあり、新潮に掲載される前に

謝罪をしたかったのかも知れません。

 

 

そんな子守康範さんについてもう少し

詳しく説明します。

 

子守康範は人情味溢れる「日本一背の高いアナウンサー」

彼は何を隠そう、

日本一背の高いアナウンサーとして有名です。

その身長、なんと!198cm。

バレーボールやバスケの選手並の大男。

 

大男だからといって正確も大雑把で無神経な

性格ではありません。

 

子守康範さんが務める番組では

朝刊各紙に掲載された注目記事や

スポーツニュースを始め、東京株式市場の

終値など、最新の為替相場の動向も紹介。

 

さらに、

「リスナーの胸に染みるあったかエピソード」を

交え、そのエピソードによっては

感動を抑えきれなくなった子守が号泣するために

番組の進行がしばしば中断することも。

 

そんな人情味あふれる彼が何故に不倫を!?

そう思うリスナーやファンの声が

聞こえてきそうです!

 

 

ここで子守康範さんのプロフィールをご紹介。

名 前:子守康範(こもり やすのり)

生年月日:1961年5月9日

現年齢:55歳

出身地:大阪府大阪市城東区

高 校:兵庫県立長田高等学校

大 学:慶応義塾大学商学部

身 長:198cm

趣 味:読書/鉄道や航空機への造詣が深く、
「西日本一の鉄道アナウンサー」の愛称を持つ

特 技:野球(少年野球では4番で投手)

職 業:フリーアナウンサー/会社経営

 

関西では有名で馴染み深い子守康範さん。

 

最近では特技の野球のセンスを買われ、

2016年6月8日に大阪の“京セラドーム”での

オリックスvs中日戦で、

始球式を行っています。

 

ここで

 

えっ!?

6月8日に京セラドームで始球式!?

 

そうです。

あのファンキー加藤さんが不倫の記者会見後、

始球式を行ったのも京セラドーム。

 

子守さんの始球式の前日でしたね。

 

何か因縁めいたものを感じます。

 

次にちまたで話題に挙がっている不倫相手とは?

それは誰なのかに迫っていきます。


スポンサードリンク



お相手は“有名女優”との無責任な書き込みも!

今回の子守康範さんに関する不倫報道を受けて、

ネットでは様々な憶測が話題になりました。

 

お相手は有名女優の“SAさん”とも。

 

私は当初から

 

ないない!

そんなのある訳ないやろ!

 

やっぱりそうでした。

 

そんな噂がたったのも、どうやら

子守康範さんが彼女のファンだった・・・

だけのようです。

 

実際に子守アナの語った内容は以下の通り。

相手の女性は

飲食店経営の40代一般女性Aさん。

昨春、Aさん経営の店へ昼食をとりに行き、

感想を述べるなどしていたところ、

共通の知人がいると判明。

Aさんから悩みの相談を受けるうち、

連絡を取り合う仲になったという。

 「出会いから1カ月ほど後に、

初めて2人で食事に行きました。

そして、別の日、

去年の5月ぐらいだったと思いますが、

別の店へお酒を飲みに行き、

2人でホテルに行きました」

 

その後、新潮の記者から事実の真偽を問われた

子守アナは、その事実を認める事に。

 

甘い!

甘過ぎる!

 

奥さんにも

「あんたそんな有名人か!」
「しっかり話して来なさい!」

と、

 

相当こっぴどく叱られたそうですが、

それだけで済むとは思えません。

現時点では離婚には至らないようですが。

 

やっぱり家族を“裏切った”のですから。

 

当然、謝って済む問題ではないですね。

 

記事中には彼のことを

“人情深い”とか書きましたが、

それはソレ、これはコレです。

 

次に、不倫の“罪深さ”について

あまり知られていないお話を。

 

本当は怖い不倫の罪

なにも驚かすつもりはありませんが、

不倫の罪深さについて、誰もが知る

あのお方が、このように述べられています。

 

・むやみに生き物を殺さない

・与えられていない他人の物や心を取らない

・不倫をしない

・嘘を付かない

・正常な判断を持つ

 

そう、あの方とは

お釈迦様のことなんです。

 

これらの教えは“五戒”とも言われ、

不倫もその戒めの中に入っています。

 

これを破ると、、、

 

天寿を全うしたとしても、

次の生まれ変わりには

地獄、畜生、餓鬼、人間、天界、修羅という

「六道」のうち、

 

人間界、天界には行けないと言う事です。

信じるか信じないかは、、、

 

あなた次第です!

 

 

仮に仏教徒で有る無しに限らず、

 

「常識のある人」

 

不倫などしないのではないでしょうか?

 

それにしても、今年は浮気の報道が

多いですねぇ。

 

まさに“不倫の当たり年”とでもいうべきか?


スポンサードリンク



-ゴシップ