時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

未分類

孫崎百世初勝利で水神祭に!年収や経歴プロフィールが気になる!

 

競馬に競輪、競艇、そしてオートレース、

いわゆる“公営ギャンブル”というやつ。

 

競馬では武豊騎手は誰もが知るスター騎手。

競輪も今や“ケイリン”の呼称でオリンピックで

活躍が期待できる競技に。

 

オートレースでは元SMAPのメンバーだった

森且行さんがオートレーサーになるため

グループを脱退した事でも話題を集めました。

 

他方、競艇は鉄火場(ばくち場)として

舟券を握りしめたオッサン達が、

 

そこやそこ!まくったらんかいボケェ!!

...と、そんな怒号が飛び交うイメージが。

 

・・・しかし、それは遠い昔の話。

近年、漫画『モンキーターン』によって

若年層の競艇ファンが増えたようです。

 

例えば『海猿』が大ヒットしたことで

海上保安官の志願者が激増したように。

 

今ではテレビCMでのイメージガール起用や

各地域でのイベントによって競艇人気は

増々高まっているとも。

 

そんな競艇界にひとりの女性が選手として

注目を集めているようです。

magosakimomoyo4出典:www.marimon5050.com/magosaki-momoyo-boat-racer-870

 
この女性の名前は孫崎百世(まごさきももよ)。

まだまだ駆け出しの新人ボートレーサー。

 

今回の記事は孫崎百世さんが注目を浴びる

その理由や彼女の経歴プロフィール

今まで知らなかった競艇の世界を調べると!?


スポンサードリンク



 

アイドル級のルックス孫崎百世

孫崎百世さんの初出走は2016年11月、

びわこ競艇場でデビュー。

 

競艇選手は1日に1レース、もしくは2レースを

走るそうで、これまでに100レースを出走。

 

どうしても念願の1着が取れない中、

遂に101走目で初の1着でゴール。

その配当額はなんと、3連単で11万を超える

高額配当のおまけ付き。

magosakimomoyo7出典:www.daily.co.jp/horse/2017/07/28/0010413108.shtml?ph=2
 
初の1着を取った彼女自身「足が震えた」と、

興奮冷めやらぬ様子だったよう。

 

そして初勝利を上げた孫崎選手は仲間と共に

水面へ歓喜のダイブ。

 

これは競艇選手の勝利を祝す儀式で

「水神祭」と言われています。

 

直後のインタビューでは詰めかけたファンへの

感謝の言葉と初々しい笑顔で今後の目標と

さらなる活躍を誓っています。

 

ここで競艇界のアイドル孫崎百世選手の

異色の経歴とプロフィールをご紹介。

magosakimomoyo3出典:https://twitter.com/hashtag/孫崎百世

 
名 前:孫崎百世(まごさき ももよ)

生年月日:1988年10月23日

現年齢:28歳

出身地:北海道釧路市

身 長:155cm

体 重:45kg

血液型:A型

高 校:Mount Hutt College

大 学:Mt Hutt College Methven

職 業:ボートレーサー(第119期)

 

孫崎百世さんはニュージーランドで

高校、大学時代を過ごしています。

 

幼少の頃よりピアノを始め、スキー、水泳、

英会話と多くの習い事をしていたようです。

 

その中でもスキーは高校や大学でも継続。

帰国後はスポンサーが付くほどの腕前で

プロスキーヤーとしての実績も。

 

孫崎百世さんは19歳の時に、

将来の職業として選んだのが看護士。

 

4年間、京都市内の救命救急センターで

寝る間もないほどの過酷な現場で

看護師に就いていたと言います。

 

筆者も初めて孫崎百世さんを見た時に

若かりし頃の女優、和久井映見の面影を。

キャンペーンガールに起用できる容姿です。

 

 

看護師としてキャリアを積み重ねる彼女を

競艇の世界に突き動かした動機とは一体...

それほどまでに魅力のある世界なのか?

 

そんな競艇選手の世界を覗いてみると...!?


スポンサードリンク



 

平均年収1,600万円。73歳でも現役!

競艇選手の魅力は何と言っても高額な年収。

それも他のプロスポーツ選手と違うのが

長く現役の第一線で活躍できる競技の世界。

 

ボートレーサーの募集要項を見ると、

まっ先に目に飛び込んでくるのが

“平均年収1,600万円、未経験から目指せる

プロアスリート”と。

magosakimomoyo5出典:www.br-special.jp/bosyu/guideline/pc/employment.html
 
また、その現役生活はとんでもなく長く、

一昨年の5月まで常に第一線で活躍していた

加藤峻二選手は現役生活なんと56年!

 

2013年には最高齢優勝記録となる

71歳2ヶ月での記録を打ち立てています。

その生涯獲得賞金は14億を超えるとも。

 

これほど長くプロアスリートとして

現役生活を続けられる職業は他に無いのでは。

 

この魅力あるボートレーサーは

大きく分けて4つのクラスに別れ、クラス毎に

年収が大きく変わるようです。

 

こちらが競艇選手のランク別年収です。

A1ランク:平均年収3,400万円

A2ランク:平均年収1,900万円

B1ランク:平均年収1,100万円

B2ランク:平均年収800万円

 

新人選手は例外なく、B2ランクからスタート。

待望の1勝を上げたとはいえ、孫崎百世選手は

まだ新人レーサーであることから...

 

彼女の年収は800万位と予想されます。

それでも新人で年収800万とは凄い世界です。

 

ボートレーサーになると毎日開催されている

全国に24カ所ある、いずれかの競艇場で出走。

 

1周600mのコースを6艇のボートで着順を競い

着順に応じて選手は賞金を獲得。

 

女性レーサーでもランキング上位選手は

年収が4,000万円を超える選手もいるという。

 

 

俺もボートレーサーになりてぇ〜!!!

と、そんな声が聞こえてきそうですが、

レーサーになるにはやはり難しいようです。

 

まず、倍率40倍とも言われるレーサーの

養成学校である、やまと学校に入学して

1年間の授業や厳しい訓練を受けます。

 

いわゆる“虎の穴”のようなものです。

この学校、全寮制で朝は6時から

消灯の午後10まで分刻みのスケジュール。

 

規律も厳しく設けられ、家族や恋人への

電話連絡は週に1度の公衆電話からだけとか。

その厳しさに中には、途中で脱落する生徒も。

 

でも、逆に難しいからこそ

チャレンジしがいがあるのも事実。

 

次にそんな厳しい訓練に耐えてまで

ボートレーサーを目指す彼ら達。

 

その仕事の面白さに迫ってみると...!?


スポンサードリンク



 

「勝負」が仕事になる世界

勝ち負けがはっきりする競艇の世界。

ボートレーサー達は皆、成績を上げて

ランクを上げるためにレース外でも必死です。

 

成績を上げるため、エンジンの調整から

レース当日の天候を計算し、風や波までも

頭に入れてレースに臨みます。

 

さらにはエンジンに合わせたプロペラまで

自分たちで調整するという。

 

それだけに勝負に負けたとしても

一切、他人のせいにはできないと言う反面、

勝てたときの充実感はこの上ないとも。

 

また、ボートレースは

男女が一緒に戦う数少ないプロスポーツ。

 

高額な収入だけでなく、

男女が平等に同じフィールドで戦い競い合う。

 

勝負が仕事になる世界は

案外、身直なところにあるようです。

 

孫崎百世選手もそんな競艇の魅力に

取りつかれたひとり。

 

さて、初出走から101走目で1位となり、

歓喜の儀式、水神祭を行った孫崎百世選手。

 

今後はレース以外にも様々なイベントや

TVで見かけることが多くなるでしょう。

magosakimomoyo6出典:http://youtube-kyotei.net/?p=9608

 
もしかして...

舟券握りしめたオッサン達の野太い声、

「そこや!そこ!ももよちゃん、

今や!まくったらんかい!!!」と...

magosakimomoyo2

 

そんな声が全国各地のレース場から

聞こえてくるのも時間の問題か...と。(`ε´)


スポンサードリンク



-未分類