時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

グルメ トラベル

丸山俊郎が世界一の支配人に!経歴と家族経営のしろうま荘も紹介!

 

またひとつ、日本人が大きな賞を受賞。

長野県の小さな旅館で支配人を務める

丸山俊郎さんがその栄誉に輝いた賞とは...!?

 

それは世界中の旅行業者を対象とした

『ラグジュアリー・トラベル・ガイド・

アワード2016』に於いての受賞なんです。

 
maruyamatoshirou2出典:www.sankei.com/life/photos/161211/lif1612110006-p1.html

 
それもただの受賞ではありません。

なんと!支配人部門の“最高賞”の栄誉に。

 

そこで、その支配人部門の最高賞を受賞した

丸山俊郎さんと、『しろうま荘』が気になり

調べてみると!?

 

丸山俊郎さんの“意外な”経歴が...


スポンサードリンク




 

前職はクルーズ船の船長だった?

そうなんです。

丸山俊郎さんの前職は船長だったんです。

 

...と言っても、本物のクルーズ船の

船長だったわけではありません。

 

丸山俊郎さんは大学を卒業後、

東京ディズニーランドの「ジャングル

クルーズ」の船長として5年間勤務。

 

その後はオーストラリアで働きながら

“リゾートのあり方”を学んだり、

六本木ヒルズの外資系企業でジムトレーナーの

経験では生きた英語をマスター。

 

そんな“グローバル”な経験を通して学んだのは

世界のリゾートや観光客のニーズと

“サービスの基本”。

 

丸山俊郎さんが学んだサービスの基本を元に

実家でもあるしろうま荘に戻ったのは

平成21年末のことでした。

 

今回受賞した賞は世界的にも認められた

権威あるもので、22ヵ国の支配人からは

ただ一人、選ばれた栄誉なのです。

 

この賞は今年から創設されたので

丸山俊郎さんは“受賞者世界第1号”に!

 

ここで丸山俊郎さんのプロフィール紹介を。

 

名 前:丸山俊郎(まるやま としろう)

生年月日:1974年10月18日

現年齢:42歳

出身地:長野県白馬村

高 校:長野県白馬高等学校

大 学:日本大学商学部

職 業:白馬温泉しろうま荘総支配人/
    白馬高校特別非常勤講師(英語)

資 格:ダイブマスター(スキューバ)/
    アシスタントインストラクター

救急員

特 技:英会話

 

ここで丸山俊郎さんの出身地と高校で

“ある事”に気付いた方も多いのでは?

 

そう、長野県白馬村といえば

長野オリンピックの会場にもなった地です。

また、白馬高等学校と言えば...

 

“アイコ”の愛称で呼ばれ、日本人初の

ワールドカップ年間総合優勝を果たした

上村愛子も白馬高等学校の卒業生。

 

2014年のソチ五輪では日本国中のファンが

見守る中、惜しくもメダルに一歩届かず

4位入賞になった事は記憶に新しいところ。

 

丸山俊郎さんはアイコの“パイセン”なのです。

 

 

さて、五輪開催地で名を馳せた白馬村と

数々の五輪選手を輩出した白馬高等学校。

 

この地に丸山俊郎さんが支配人を務める

『しろうま荘』があります。

一体どんなところなのかを次にご紹介。

 

筆者もスキーは大好きなスポーツ。

休暇を利用して訪れる先は何と言っても

長野県の白馬村や栂池高原です。
(車では関西人は長野止まりが多いかも?)

 

白馬での有名なスキー場は何と言っても

八方尾根スキー場。

 

雄大なアルプスを眺めながら滑り降りる

爽快感は言葉に表せないほど。

 

あ〜八方が呼んでいる...と。

何だかうずうずしてきます。

 

おおっと!

記事の続きでした。

 

ええっと、何だっけ?

そう、しろうま荘はどんな所?でした。


スポンサードリンク




 

世界が認めた“おもてなし”とは?

しろうま荘の歴史は古く、

80年前に農家だった自宅に客を泊めた事が

きっかけで宿泊施設に。

 

増築を繰り返してはいるが、現在でも

部屋数18の家族経営の小さな宿

 
maruyamatoshirou4出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/448341/photo/1378782/

 
料理は全て丸山俊郎さんの母親が

地元で採れる食材を使い調理しているという。

 
maruyamatoshirou7出典:http://www.shiroumaso.com/food.html

 
この宿には高級料理人や一流のシェフは

いません。生まれ育った白馬で先代の

女将から受け継いだ郷土色豊かな手料理、

その味を求める常連客が多いそうです。

 

いわゆる“地産地消”というやつです。

本当、どこにでもあるような小さな旅館。

 

ところがこのしろうま荘、凄いんです。

観光の“アカデミー賞”と言われる

「ワールド・ラグジュアリー・ホテル・

アワード2012」でリゾート賞を受賞。

 
maruyamatoshirou3出典:http://xebecs17.rssing.com/chan-9889111/all_p1.html

 
授賞式ではクアラルンプールの

“レッドカーペット”を歩いたという経歴も。

その後もアジアでのリゾート賞を獲得。

 

世界中からノミネートされるのは国内外、

合わせて1000軒以上にのぼる、名だたる

権威あるホテルや旅館ばかり。

 

まさに世界の名だたる賞を総なめ!です。

 

部屋数18の小さな家族経営のしろうま荘が

選ばれ、受賞したことで本人自身も

「戸惑い、驚いた」...と話しています。

 

その“しろうま荘”はヤフートラベルで

このように紹介されています。

 

信州白馬八方尾根の麓に佇む、

古材を活かした

モダン和風建築の老舗旅館。

 

源泉かけ流しの天然温泉と、

郷土色豊かな料理でもてなす、

寛ぎの温泉宿。

 
maruyamatoshirou6出典:http://www.shiroumaso.com/food.html

maruyamatoshirou5出典:http://www.shiroumaso.com/food.html

 
もう少し詳しくしろうま荘を紹介すると

意外な事が...

 

それは、温泉旅館にそぐわず

露天風呂無し
エレベーター無し
サウナ無し

...と無い無い尽くし。

 

しかし!

それを補って余りある魅力があるようです。

“口コミ”サイトをみてもいずれも好評価。

 

その内容は、とにかく提供される

郷土料理が美味しいと。

また、温泉の泉質もさることながら

純和風の寝室も絶賛されているようです。

 


出典:SHIROUMA〜冬〜【しろうま〜冬〜】白馬の四季
 

信州白馬八方温泉 しろうま荘

住 所:長野県北安曇郡白馬村八方5004
電 話:03-4540-2742
温 泉:源泉掛け流し 天然温泉
料 理:和食郷土料理
宿泊料:¥10,549〜
駐車場:20台(無料)
送 迎:白馬駅又は八方バスターミナル
    (要事前お問い合わせ)
※ゲレンデまで徒歩5分

 

料理は女将が各テーブルに出向き、

料理の説明をしてくれるなど、大きな

ホテルでは味わえない“家族スタイル”の

アットホームさも人気のひとつ。

 

そして圧巻なのは窓の外に見える

壮大なアルプスでしょう。

 

こんなアットホームな温かみがある

しろうま荘、人気があるのは当然かも。


スポンサードリンク




 

外国人の一大リゾート白馬

日本でも信州白馬は観光地として有名。

でも、近年は外国人スキーヤーが

多く訪れる事が知られています。

 

このしろうま荘でもスキーシーズンは

海外からのスキーヤーで8割の部屋が

埋まってしまうそうです。

 

外国人スキーヤーは単にスキーを

楽しむだけでなく、しろうま荘に宿泊して

“日本の文化”も知ろうとしているのかも。

 

4年後に迫った東京五輪。

増々、注目度が高まる日本に今後も

多くの外国人観光客が集まる事は明白。

 

世界一の総支配人を務める丸山俊郎さんには

今後も外国の人々に日本の伝統文化を伝え、

“日本のファン”をどんどん増やして欲しい...

 

で、この記事をもし、読んでくれたなら

筆者と家族を“特別料金”での宿泊を...と。

 

えっ!?

虫が良すぎるって?

仰る通りでございます。m(_ _)m


スポンサードリンク



-グルメ, トラベル