時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

グルメ ビジネス

松田慎之介(そば職人)ろあん松田の評判は?店の場所と料理も紹介!

 

こんな田舎にそば屋が...

しかし、全国から“そば好き”が集まるという。

matsudashinnosuke2出典:http://www.geocities.jp/danjiri60/roan.html

 
このそば屋の名前は知る人ぞ知る

ミシュランから一つ星を獲得している

『ろあん松田』

 

ミシュランから星を獲得しているそば店は

東京の銀座や西麻布、大阪の北区など

大都市圏の繁華街の店が多いです。

 

この、ろあん松田は現在2代目の

松田慎之介さんが店主として店を切り盛り。

 

初代店主の父親から受け継いだ星を

守り続けているそうです。

 

今回の記事はそば職人の松田慎之介さんと

ろあん松田の評判メニューと店の詳細を

ご紹介します。

 


スポンサードリンク



 

350年ぶりの新しい住民だった!?

ろあん松田の場所を調べるため検索すると

集落のさらにその奥までお越しください...と。

 

集落のさらにその奥までって一体どんな所?

こんな場所までお客が来るなんて

なかなか想像できませんでした。

 

例えば観光地なら田舎でも目的地の

行き帰りに食事などで利用するお店も

あるでしょう。

 

しかし、この『ろあん松田』のある場所は

観光地でも何でもありません。

 

この集落に住む住人の話によると

車がここへ来るのは『ろあん松田』を目指して

来る車だけだとか。

 

まさに“秘密の隠れ家”てきな『ろあん松田』。

matsudashinnosuke3出典:tourism.sasayama.jp/2010/09/post-176.html

matsudashinnosuke4出典:https://kaumo.jp/topic/9866

 
そば好きが全国からこの店に来店する秘密が

益々興味を惹きます。

 

その全国からそば好きがあつまる店の

“ルーツ”は初代店主の松田文武さん。

 

初代店主であった松田文武さんが

この集落に店を出そうとしたとき、

集落の人々が口を揃えて言ったそうです。

 

こんな人の来ない所で商売は続けられない

やめときなさい...と。

 

しかし、どうしてもこの地で

そば屋をやりたいという熱意に地主も根負け。

 

かくして350年ぶりの新しい集落丸山の

住人が誕生した瞬間でした。

 

自然環境に恵まれながらも人通りが少ない。

この地で店を出すからには

最高の食材を使い、わざわざ足を運んでくれた

お客様におもてなしをしよう・・・と。

 

そうして純粋に仕事に打ち込み続けた初代

松田文武さんの店はやがてミシュランから

一つ星を獲得するほどの名店に。

 

各グルメサイトや雑誌、テレビでも紹介され、

その味を求めて客足が途絶えないという。

 

『ろあん松田』 篠山店

住  所:兵庫県篠山市丸山154
電  話:079-552-7755
営業時間:11時30分〜/14時〜/17時〜
料  理:昼7,000円/夜9,800円のコース料理
座  席 集:18席
個  室:テーブル個室有り
定  休 日:火曜日・水曜日
アクセス:JRより篠山口駅 車で20分

※全て完全予約制

 

現在、この『ろあん松田』篠山店は初代

松田文武さんから跡を継ぎ、長男である

松田慎之介さんが2代目の店主。

 

初代の松田文武さんはご夫婦で京丹後の

久美浜で『ろあん久美浜店』を経営。

 

また、長女の鮎美さんもそば職人として

大阪の北区で『ろあん大阪堂島店』を経営。

 

まさに長男長女にも初代文武さんの

そば職人としてのDNAが脈々と...。


スポンサードリンク



 

2代目の店主の前職はお坊さん?

もともと家業を継ぐ気はなかったという

松田慎之介さん。

matsudashinnosuke5http://www.hyogo-tourism.jp/1000hyogo/report/?id=1551

 
大学が高野山大学だったこともあり、

初代文武さんいわく「慎之介なんか高野山で

坊さんしてたんですから。この道に入るとき

慎之介からお願いします」と、インタビューに

答えています。

 

松田慎之介さんがそば職人を目指すきっかけ...

それは、店の手伝いをしている時に感じた

“お客様の喜ぶ姿”を見たことだそう。

 

しかし、偉大な父親が残したミシュランの

ひとつ星。

 

現在、ミシュランでは星2つ以上獲得した

そば店はありません。

 

...ということはそば店でのひとつ星はある意味

“最高峰”のそば屋の勲章かもしれません。

 

初代文武さんからひとつ星の名店を継ぐ事で

はかり知れないプレッシャーがあるでしょう。

 

もし、次に星がもらえなかったら...

お客様から“味が落ちた?”と言われかねません。

 

その重圧と戦いながら

そばを打つ松田慎之介さん。

 

これからも星を獲り続け、そば店初の

ミシュラン星2つを獲得して欲しいものです。

 

それは、そばの文化を世界中に広げる

チャンスになるかも?

 

う〜ん、

なんだか小腹が空いたので

たぬきでも食べるとしますか...<( ̄∇ ̄)ゞ

 

最後に、『ろあん松田』 篠山店の雰囲気が

良く分かる動画を見つけたのでご紹介。

『ろあん松田』ってこんな場所!?


スポンサードリンク



-グルメ, ビジネス