時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ グルメ

宮島咲の正体は何者?ダムカレーや仕事と経歴プロフィールも気になる!

 

世の中、色々な趣味を持つ人がいるものです。

車やドライブが趣味だという人やカメラや

アンティークなど数えきれないほど。

 

今回の記事はそんな趣味の中でも一風変わった

趣味をお持ちの宮島咲さんをご紹介。

 

何やらダムに魅せられて脱サラまでしたとか。

将来の夢は全国のダムを制覇するとも。

 

宮島咲さんの仕事は一体何?

ダムのどこにそんな魅力があるのか?

等など...

 

宮島咲さんについて気になるアレやコレを

調べてみると...!?


スポンサードリンク




 

ダムの定義と全国のダム数は?

まず、一般的に“ダム”と言われるものは

高さが15m以上あるものを差します。

全国でのダム数は3000を超えるとも。

海水浴での砂遊びで作られるダムは論外。

 

そんなダムに魅せられて本格的なサイトまで

作ってダムマニアから注目を浴びているのが

今回ご紹介する宮島咲さん。

 

彼がダムに魅入られたきっかけは

山道のドライブが好きだったということで

峠で撮影した1枚の写真がそのきっかけに。

 

単なるコンクリートの塊であるはずの

ダムに魅了されることになります。

 

その魅力について彼はこのように。

「ダムはひとつとして同じ顔がありません

立地場所によって高さが違っていたり

デザインに個性があらわれています」...と。

 

ダムに魅せられた宮島咲さんは

ひたすら写真を撮りまくり、気が付けば

相当量の枚数になっていたと言います。

 

ダムの魅力を多くの人に知ってもらおう。

巨大なピラミッドのようなダムの魅力を。

その想いからHP「ダムマニア」を始めます。

 

意外にもそのHPが反響(一部)を呼ぶことに。

 

案外いるもんですね。隠れたマニアが。

筆者がダムに行ったのは小学校の遠足が最後。

もしかしたら今見ると違った見方が

できるかもしれませんが...


スポンサードリンク




 

で、そんなダムマニアの宮島咲さんの

経歴プロフィールをご紹介。

 

名 前:宮島咲(みやじま さき)

誕生年:1972年

現年齢:45歳

出身地:東京都墨田区

大 学:日本大学文理学部

職 業:ダムライター/割烹 三州家5代目

 

宮島咲さんはダムライターとして

数々のダム関連本も出版。ダム協会主催の講演、

フォトコンテスト審査委員などを務めます。

miyajimasaki2

 
また、NHKを始めとしたテレビやラジオにも

多数出演してダムマニアとしての地位を確立。

 

ダム自体を活用した観光振興のあり方などを

提案するなど、観光促進の講演では

全国からオファーがくるようです。

 

現在では各種のダムを模した

“ダムカレー”を提供し、全国からも

そのカレー目当てに割烹三州家に来店。

 

さらにはコンビニでも宮島咲さん監修で

ダムカレー弁当が販売されています。

201009291047000

 

今や各市町村の町おこしにダムカレーが

導入されるなど、様々なアプローチで

ダムへの理解とダムファンの拡大に尽力。


スポンサードリンク




 

宮島咲の実家は明治から続く老舗割烹

創業明治22年。百数十年続く東京は下町の

割烹 三州家。

目の前に広がるスカイツリーを眺めながら

リーズナブルな日本料理を頂けるそうです。

 

なんと、オプションとして

芸者さんを呼ぶ事もできるのだとか。

そのお値段は1名2万円。(2名からの手配)

 

各種アルコールの飲み放題も提供しており、

その料金も2000円。

 

老舗割烹でも飲み放題があるんですね。

割烹料理店は高額な料金設定だとの認識が

ガラリと崩れ去った思いです。

 

割烹 三州家

住 所:東京都墨田区本所4-17-3
TEL:03-3622-1230
営業時間:11:00 ~ 21:00

 

三州家では姉妹店のレストランも併設。

ここで話題のダムカレーが食べれるそうです。

 

当初はまかない食として一部のダムファンに

“ひっそり”と提供。

 

ところが大手の新聞やテレビ局、雑誌にも

大きく取り上げられたことで

ダムカレーはもはや“市民権”を得たという。

 

その各種メディアはいずれも大手。

フジテレビ「アフロの変」
TBSラジオ「あべこうじの
ポッドキャスト番長」
テレビ東京 「マニアの叫び」(2回目)
TBSテレビ 「はなまるマーケット」
日本テレビ 「Oha!4 NEWS LIVE」
マガジンハウス 「ダカーポ」
フジテレビ 「情報プレゼンターとくダネ」
関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」
東京FM 「ワンダフル・ワールド」
フジテレビ739 「とくダネ!特捜部DX」
TBSテレビ 「はなまるマーケット」
中部日本放送 「多田しげおの気分爽快!」
ニッポン放送 「ミューコミ」
エンターブレイン 「週刊ファミ通」
文化放送 「吉田照美 ソコダイジナトコ」
NHK 「熱中夜話」
日本テレビ 「ぶらり途中下車の旅」
マガジンハウス 「Oily Boy」
テレビ朝日 「スーパーJチャンネル」
TBSテレビ 「チェック!ザ・No.1」
小学館 「BE-PAL」
日本テレビ 「DON!」
日本テレビ 「不可思議探偵団」
テレビ東京 「出没!アド街ック天国」
中京テレビ「news evry.」
テレビ朝日「使える!アイデアハウス」
KKベストセラーズ
「絶品!大人の定番カレー」
徳間書店「男飯」

 

と、どれもこれも知っている番組ばかり。

 

しかし、筆者は未だダムカレーを実際に

食べた事も見たこともありません。

 

カレー好きとしては

一度は食してみたいメニューです。

一体どんな味がするのか?

 

ダムに見立てたごはんが“決壊”すると

どうなるのか?

 

非常に興味のあるところです。

ここで三州家で提供しているダムカレーの

一部をご紹介します。

 

dam-e

dam-a

dam-g

dam-r

 

メニューの紹介で面白いのは

いずれも作ると言う言葉でなく

“建設”という紹介がされているところ。

 

おそらくダムカレーの設計技術者は

宮島咲さんご本人なのでしょう。

 

その彼が新たに出演する

『マツコの知らない世界』では

新作のダムカレーが登場するのか?

 

はたしてそのダムカレーは

どのように“建設”されるのか?

興味のあるところ。

 

もしかして・・・

自宅でも建設できるかも...です。


スポンサードリンク



-エンタメ, グルメ