時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ 芸能

森田甘路の経歴や出演作品は?プロフィールや大学と体重も気になる!

 

時事通信の記事をお読み頂いている皆様

あけまして

おめでとうございます。

本年も何卒、宜しくお願い申し上げます。

moritakanro2

 

新年1発目の記事は新春から始まる

話題のドラマから、気になる人物を

取り上げてみました。


スポンサードリンク



 

月9ドラマが巻き返しか!?

ドラマ不振が続くフジテレビ。

過去には高視聴率を連続で記録してきた

月曜夜9時のドラマ通称 “月9”(げつく)。

 

ドラマと言えば“月9”がその代名詞。

その栄光は夢だったのか...と。

 

皆さんご存知の月9ドラマと言えば・・・

キムタク演じる『HERO』はあまりにも有名。

 

また、織田裕二と鈴木保奈美が演じる

『東京ラブストーリー』の放送時間帯には

都会から“人が消える”とまで言われたドラマ。

 

江口洋介主演の『ひとつ屋根の下』では

フジテレビのドラマ史上最高の37.8%を記録。

 

そのドラマの主題歌もことごとく大ヒット。

ほとんどがミリオンセラーに。

 

しかし、最近の月9ドラマの凋落ぶりは

目に余るものが...

数字が物語っているようです。

 

昨年、2016年の月9ドラマの視聴率において

2ケタに乗ったドラマは1つも無いという惨状。

あらためてフジの凋落ぶりがあらわに。

 

2017年1月にこの低迷を打開すべく

新たな月9ドラマが始まります。そのドラマは

『突然ですが、明日結婚します』

 

主演は西内まりやと山村隆太の二人。

 

そして、脇を固める俳優として

森田甘路の名前も。

 

少々、前置きが長くなりましたが、

今回は森田甘路さんに注目してみました。

 

もしかして、“主役を食う”名演技が

期待できるかもしれない俳優なんです。


スポンサードリンク



 

ただの“おデブ”俳優じゃない?

シリアスな演技やコミカルな演技で

“影の主役”とまで言われる多くの脇役俳優。

 

中でも遠藤憲一や大杉漣、阿部サダヲ、

生瀬勝久、濱田 岳、古田新太など等...

どの俳優も今では押しも押されぬ名俳優に。

 

仲間由紀恵演じる『トリック』では

生瀬勝久の登場シーンを心待ちにしていた

ファンの方も多いのでは?

 

森田甘路さんもその将来の名俳優候補の

一人と筆者は見ています。

 

何故か?

 

それは森田甘路さんの演技力。

彼の経歴は舞台俳優出身だからです。

 

舞台俳優として培われた確かな演技力が

彼が月9ドラマに起用された理由では?...と。

 

ここで森田甘路さんの

プロフィールをご紹介します。

 

名前:森田甘路(もりた かんろ)

生年月日:1986年6月12日

現年齢:30歳

出身地:東京都

身 長:175cm

体 重:90kg

サイズ:B110・W90・H100

血液型:A型

大 学:慶応義塾大学

趣 味:ラジオを聞く/旅行/スポーツ

職 業:俳優

劇 団:ナイロン100℃所属

事務所:株式会社キューブ

経 歴:2008年ナイロン100℃
    新人オーディションに合格後
    研修生を経て劇団員に昇格

 

サイズを見ても分かる通り、見事な

“ドラム缶”のような体型(失礼)

 

しかし、こう見えても森田甘路さんは

柔道2段でスノーボードもされるとか。

 

う〜ん。

雪上をすべる雪だるまのイメージが・・・

moritakanro3

 

また、特筆すべきは出身大学

なんと、慶応出身とか。

 

自身のプロフィール紹介でも

慶応大学出身であることは

伏せているようです。

 

その控えめな性格も好感が持てます。

 

頭の良さと同時に舞台で鍛えられた

演技力が森田甘路さんを支えているのかも。


スポンサードリンク



 

数々のメジャー作品の常連!?

森田甘路さんが出演したドラマや舞台、

映画などの出演作品をここでご紹介。

 

筆者も初めて知りました。

おぉ!?

あのドラマやCMにも出ていたのか?...と。

 

舞台では

2012年『パーマやスミレ』
2014年『ろりえの鬼』
2015年『七人くらいの兵士』

 

ドラマでは

『HERO』
『モテキ』
『ショムニ2013』
『SUMMER NUDE』
『リッチマン,プアウーマン』
『スカットジャパン』
『でぶせん』
『『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』

 

映画では

『イニシエーションラブ』
『チームバチスタFINAL』
『スープ〜生まれ変わりの物語』

 

各種CM

『海賊王コロンブス』
森永製菓の『ちょこべい』
読売新聞の『ecoライフ』...etc

 

国民的映画の代名詞とさえ言われる

釣りバカ日誌のドラマ版でも

先輩役でレギュラー出演。

moritakanro6出典:https://twitter.com/Morikan_0612

 

舞台でも“伝説”とまで言われた

明石家さんま主演の『七人くらいの兵士』に

キャスティングされます。

moritakanro4出典:http://etheatrix01.eplus2.jp/article/415817906.html

 

そして、“ごくせん”ならぬ『でぶせん』では

初の主役に抜擢と・・・

moritakanro5出典:twitter.com/

 

この他、様々なメディアにも登場する

森田甘路さん。

今後、増々活躍の場が広がるでしょう。

 

さて、今月からフジテレビの威信を掛け、

巻き返しをはかる月9の新ドラマでは

森田甘路さんはどんな演技を見せるのか?

 

近年、“主役食い”の名演技で

話題になった怪物ドラマ『半沢直樹』での

怪優ぶりを演じた香川照之さん。

moritakanro7出典:http://syodai.ti-da.net/e5353220.html

 

大和田常務を演じた香川照之さんのような

主役に匹敵する演技を見せてくれるような

存在感のある役者になるのでは?

 

もしかして将来は第二の

“西田敏行”になるかも...と。

何と言っても体型も似てますからね。

 

そのためにも森田甘路さんには

現在の“体型”を維持して貰いたいと

そう願うファンも多いのでは?


スポンサードリンク



-エンタメ, 芸能