時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ ビジネス

明神学武(まなぶ)はカツオ一本釣り漁師日本一!家族や明神丸の店は?

 

うおぉぉりゃあぁぁぁっ !!!

はぁっ!てりゃ!

と、豪快に釣り上げられるカツオの群れ。

 

船上から釣り竿一本でカツオを釣り上げる

一本釣り漁法は迫力満点。

myoujinnmanabu2
 
それも数秒に一匹のペースでカツオが

高々と宙に舞い、見る見るうちに

大漁のカツオが船上を埋め尽くす。

 

こんなカツオの一本釣り漁法をテレビなどで

見た方は多いでしょう。

 

あんなにカツオがいるならいっその事

網で一気に捕ってしまえば良いのに...と、

そう思う方も多いのでは?

 

でもね、そこには一本釣りにこだわる訳や

秘密があるんです。


スポンサードリンク




 

一本釣りでのカツオ漁は痛みが少なく

高値での取引が見込まれるからです。

 

網による漁法ではカツオが網の中で暴れ、

魚体が傷ついたり身割れが起こる事も。

 

対照的に竿で一匹ずつ釣り上げる一本釣りは

魚体がきれいなまま水揚げされるのが特徴。

 

こんな昔からの一本釣り漁法を維持し、

年間水揚げ量の日本一に何度も輝いた

ひとりの漁師がいます。

 

その漁師は明神学武さん。

明神水産株式会社の漁船部

第83佐賀明神丸漁労長。

 

今回の記事は明神学武さんの人物像と共に、

カツオの一本釣り漁の知らないことや

気になるアレやコレを調べてみました。


スポンサードリンク




 

10ヶ月以上の船上生活!

カツオを追い求め、南西諸島から三陸沖まで

航海を繰り返し、漁が済んで水揚げが終われば

すぐに次の漁のため出航。

 

2月に高知を出航してから11月に港に戻るまで

船上での生活が10ヶ月以上続くそうです。

 

その過酷な漁の中、明神学武さん率いる

第83佐賀明神丸は空前の水揚げを記録。

 

明神学武さんは高卒後、この世界に。

群雄割拠ひしめく一本釣りの世界で

若干31歳にして漁労長に。

 

しかも初年度に水揚げ日本一の座を掴みます。

ベテランのカツオ一本釣りの漁師達を押さえ、

 

その名を日本中に知らしめる事に。

 

漁は何と言っても漁場探しが一番重要。

カツオ漁の世界に飛び込んで十数年の

経験や知識だけでなく、

 

気象状況や海水温、潮の流れなど緻密な

データ分析とハイテク機材を武器に

独自の漁場をピンポイントで探し当てます。

myoujinnmanabu4
 
今では漁師の中で

明神学武の名を知らない者はいないとまで。

最強にして伝説の一本釣り漁師なのです。

 

過去、様々なメディアで明神学武さんが

取り上げられました。

プロフェッショナル 仕事の流儀』や

『情熱大陸』等など。

 

これらの番組を見て明神学武さんを

知った方も多いのでは。

 

又は、『ポッカコーヒーオリジナル』CMに

明神学武さんが出演していて知った方も。

 

このCM、今から10年以上になりますが、

“自分の世界”を持ち、ひたむきに働く

“カッコいいオッサン”達のリアルな画を求めた

ポッカのCM。

 

出演者には柔道家にして金メダリストの

吉田秀彦さんも名を連ねます。

 

まぁ、今の若い世代は覚えていないかも。

 

とにかく!

明神学武さんはカッコ良いオッサンなのです。


スポンサードリンク




 

父親も凄い経歴のカツオ一本釣り漁師

明神家は一家揃ってのカツオ漁師。

明神学武さんの父親はカツオの

水揚げ日本一を6度も達成した名漁労長。

 

しかし、その父の記録を超えるのも

時間の問題でしょう。

 

この先、どれ位の記録を伸ばすのかが

焦点になりつつある明神学武さんなのです。

 

 

話しは変わり、

300日間もの船上生活って...

一体、どんな生活なのかが気になります。

myoujinnmanabu3
 
朝から晩まで船の上、それも

周りの景色は何もない海だけの世界。

退屈で気が狂いそうになるのでは...

 

と、思いきや実際はそうでもない様子。

カツオの群れを見つけて

一本釣りを始めると、この上ない位の

充実感に身が包まれるそうです。

 

カツオは大きいものだと10キロ以上に。

そのカツオを釣り上げるには

相当の重労働になります。

 

それも休む暇なく次から次へと。

一本釣りの時間は長い時では

2時間近く、ひたすら釣り上げることも。

 

一見、過酷な仕事に見えるのですが

面白みや充実感がかなりあるそうです。

 

“体が動く限り船から降りたくない”...と、

そう話す漁師も多いようです。

 

もう、カツオを釣っている間は

体中からアドレナリンが出まくっている...

そう言う事なのかも。

 

また、娯楽とは無関係の船上生活で

唯一の楽しみが、専属の料理人が作る

3度の食事だと言います。

 

もちろん、新鮮とれたてのカツオも

毎回出てくるそうで、

タタキにニンニクマヨネーズ、カツオ茶漬けと

バリエーション豊かな食事に。

 

そして唯一ひとりきりになれるのが

一畳ほどのベッドで思い思いの

時間を過ごすようです。

 

さて、カッコ良いオッサンの代名詞と言える

明神学武さんをご紹介しましたが、

最後に彼ら漁師が釣り上げたカツオを

最高の状態で食せる店を次にご紹介。

 

ちなみに筆者はスーパーや魚屋で

カツオをよく買って食べる事が多いです。

 

でも、未だ食べた事のない

「一本釣り藁焼き鰹たたき」

テレビなどでは見た事はあるのですが...。

 

それも「高知の藁」で焼いた「高知のたたき」

こんな本場のカツオのたたきを食せる

お店があるのです。

myoujinnmanabu5
 
その店がこちら↓

藁焼き鰹たたき明神丸

 

本場高知の鰹のたたきの通販もあるそうです。

“通”の食べ方は何と言っても塩だそう。

 

毎度、お中元に何を贈るか

迷う方は多いでしょう。

 

もしかしたらこんなお中元、

贈れば喜ばれる事間違い無しです。

 

 

ビールや素麺も良いけれど、

「一本釣り藁焼き鰹たたき」絶対アリです!

 

贈った先様からお礼の電話があった時、

このように話せばもっと価値があがるかも。

 

『明神学武が一本釣りしたカツオです』と。


スポンサードリンク



-エンタメ, ビジネス