時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

政治

桜井誠の得票数と当選確率を予想!公約や報道されない支持率とは?

2016/07/29

過去最多の候補者が乱立する都知事選。

 

テレビから流れるのは“主要3候補”と呼ばれる

人物ばかり。

どうやら、メディア主導によって

 

“この3候補から選んで下さいね〜”

“他の候補は無視して下さいね〜”

 

と、言わんばかりです。


スポンサードリンク




メディアからはほとんどと言っていい程

他の18人の候補者の情報は入ってきません。

 

その中で、“当たり前”のことを公約に挙げる

桜井誠得票数当選確率支持率

予想してみました。

sakuraimakoto5

 

何故、桜井誠をマスコミは報道しないのか?

私は都民ではありません。

大阪府民です。

 

ですが・・・

 

今回の都知事選は筆者である私の周りでも

大変大きな話題となっています。

 

特に桜井誠氏。

 

過去、大阪市長であった橋下徹と激しい

“バトル”を繰り広げていたこともあり、

桜井誠氏に対する注目度はNo.1なんです。

 

これだけ大きな話題と注目されている

桜井誠氏の発言が、メディアでは

全くと言っていい程流れてきません。

 

完全に“無視”です。

 

それは何故か?

 

筆者は今回の選挙活動に置ける

“街頭演説”の動画をくまなく見る事に。

 

すると分かったことは・・・

 

桜井誠氏が今回の都知事選挙げた

公約の内容にあるようです。

 

“7つの公約”というやつです。

 

皆さん既にご存知かと思いますが、今一度

桜井誠氏が挙げている公約をご紹介します。

 

(1)都内在住の外国人への生活保護費の
廃止。受給者を日本国民に限定

(2)都内の不法残留者を4年間で半減させる

(3)日本人に対して行われる反日
ヘイトスピーチ禁止条例の制定

(4)朝鮮総連、民団施設への課税強化

(5)パチンコに対しては「違法賭博」と断じ、
営業時間の短縮や新規出店を認めない

(6)舛添前都知事が進めていた韓国人学校の
建設の中止、代わりに保育所を建設して
待機児童ゼロを目指す

(7)コンパクトな東京五輪の実施

 

桜井誠氏が挙げている“7つの公約”の

そのどれもが、当たり前とも言える内容。

 

しかし、この公約を挙げている桜井誠氏を

“絶対に都知事にさせたくない”勢力が・・・

 

そうです!

 

マスメディアなんですね。

 

桜井誠氏が挙げている

外国人への生活保護費支給の停止という公約や

朝鮮総連、民団施設への課税強化、韓国人学校の

増設の中止、パチンコ店への規制強化など、

 

どれもが韓国、北朝鮮をターゲットにしたもの。

 

大手広告代理店やメディアの中にもいわゆる

“在日韓国人”と呼ばれる方達が沢山いる事は

衆知の事実。

 

それに、マスメディアの “スポンサー”である

パチンコ店に規制をかけ、将来的には

“日本からパチンコをなくす”とまで公約に

挙げる桜井誠氏はメディアにとっては

“目の上のたんこぶ”的な存在。

 

メディアにとってはスポンサーである

パチンコ店の利益を守るためにも

桜井誠を絶対に

都知事にさせたくないのでしょう。

 

特筆すべき天性のスピーチ能力

今回の都知事選での街頭演説を見る限り

桜井誠氏の街宣には“魂”を揺さぶられる

迫真の演説内容でした。

saluraimakoto4

21人の候補者の中でも“ダントツ”の

スピーチです。

 

主要3候補の中の一人、鳥越俊太郎氏に

至っては、正直 “ガッカリ”な演説でした。

 

人気先行だけで明確なビジョンもなく、

ただ都知事選に出ているだけ・・・

 

それも演説の前には応援に駆けつけた

タレントの話の方が長く、鳥越氏の

演説はわずか5分足らずというものです。

 

まあ、筆者の周りでも鳥越氏が都知事になる

可能性は限りなく“ゼロ”に近い...。

 

“永遠の0”だと言う者も。

 

筆者は当初、桜井誠氏の事を

とんでもない“差別主義者”だと考えていました。

しかし、都知事選の演説を見て、聞いて、

桜井誠への見方が変わったのです。

 

“命がけ”で都知事選に臨んでいるいる姿に

胸を打たれたのです。

 

桜井誠暗殺の可能性は否定できない!

仮に、桜井誠氏が都知事就任への

可能性が高まり、7つの公約が実行されると

困るのはメディアだけではありません。

 

北朝鮮へ流れている“パチンコマネー”に

頼っている北朝鮮は大きなダメージを

受けるでしょう。

 

また、在日韓国・朝鮮人への生活保護費の

停止などとなれば、それを実行した

桜井誠氏は相当恨まれることでしょう。

 

もしかしたら桜井誠氏は今、

日本で一番“暗殺される危険性”の高い

人物かもしれません。

 

しかし、最高裁の判決で 外国人への

生活保護費支給は“違法”という判例が。

 

では、何故?主要3候補と呼ばれる方は

この問題を取り上げないのかが気になります。

 

やはり、自身の“命の危険性”にかかわる重大な

テーマだからかも知れません。

 

桜井誠氏以外の候補者のほとんどは

当たり障りのない演説ばかり。

 

都民に夢を見せるような公約ばかりを

並べ立てているだけです。

 

その公約の財源は?

その公約の時期は?

その公約の実現性は?

 

彼らが口にする公約のほとんどが

???ばかりです。

 

そんな口先だけの公約を

20も30も並べ立てる候補者の中にあって

桜井誠氏だけが明確な

ビジョンを提示しています。

 

例えば、都知事に就任すれば即、外国人への

生活保護費の支給を停止すると語っています。

 

都知事の権限で“即日に窓口を閉鎖”と。

 

それによって生まれる財源によって、

保育所を建設して待機児童ゼロを目指す事を

打ち出しています。

 

また、桜井誠氏の演説を聞いて

初めて知った事もありました。

 

パチンコが何故、違法ギャンブルなのかと

いうことです。

 

パチンコと競馬、競輪、競艇の違いなどが

良く理解できる演説内容は

誰もが一度は見ておく必要があるとの感想を

持ちました。

 

都知事選も中盤を迎え、ここに来て

桜井誠氏が挙げている“7つの公約”を

絶賛しているのがあの人です!

 

百田尚樹、桜井誠の“7つの公約”を大絶賛!

『海賊と呼ばれた男』『永遠の0』での

ベストセラー作家、百田尚樹さんが

桜井誠氏を“絶賛”しているようです。

 

桜井誠氏の7つの公約を“当たり前”と

断じているのです。

 

百田尚樹さんの予想ですが、今回の

選挙で都知事になるのは無理かな、と。

 

ただし、60万票位はとるのでは!?と予想。

 

前回の都知事選では田母神氏が獲得した票も

60万票でした。

 

もし、桜井誠氏がこの都知事選において

60万票をとるようなことがあれば・・・!

sakuraimakoto3

4年後の都知事選では“泡沫候補”ではなく

有力候補としてメディアも桜井誠氏を

取り上げざるを得なくなるでしょう。

 

以上、百田尚樹さんが桜井誠氏を絶賛する

理由と得票数と当選確率のお話でしたが、次は

“政治のど素人”である筆者の予想を!

 

はぁ!?

ど素人の意見はどうでもええねん!

おまけにあんた都民やないやろ!

 

と...。

そんな声がどこからともなく・・・

 

ですが!少々お付き合い下さいませ m(_ _)m


スポンサードリンク



 

桜井誠の得票数と当選確率を予想!支持率は?

やはり、メディアの力は侮れません。

今のところ“人気”の高い主要3候補が有利に...。

と、思われていたところに飛び込んで来た

“とんでもないニュース”!

 

なんと!鳥越俊太郎氏の“ゴシップネタ”です。

文春や某スポーツ紙で一面を飾った

致命傷ともいえる記事です。

 

あえてこの記事には触れませんが、この記事が

出たことで、鳥越俊太郎氏は都知事レースから

大きく後退することは否めません。

 

増田氏に限っては実績はあるようですが、

知名度はあまりないようです。

 

ハッキリ言えば・・・

 

現状では、組織票を持つ小池百合子氏が

都知事の最有力候補。

 

余程のことがない限り、

都知事選を制するのは小池氏でしょう。

 

しかし!

 

500万票とも言われる“浮動票”の行方次第では

“大番狂わせ”も!

 

桜井誠氏の演説を動画で見ている視聴者は

前回の田母神氏の数倍とも言われています。

 

若いネット・スマホ世代はいつでもどこでも

情報を手に入れ、それを拡散していきます。

 

桜井誠氏の熱いメッセージを受け取った

“眠れる有権者” がどう動くのか!?が

非常に注目されます。

sakuraimakoto2

メディアが報道しない、したくない支持率が

もしかしたら有るのかも知れません。

 

実際、ネットテレビで各候補者の支持率を

報じていたところ、桜井誠氏の支持率が

50%近くになっていました。

 

ところが、すぐに桜井誠氏の名前が消され、

“他候補”になっていましたが...。

 

もしかして、ここでも箝口令が!?

 

 

ここで、過去の都知事選の得票数を見ると

2007年 石原慎太郎 2,811,486票

2011年 石原慎太郎 2,615,120票

2012年 猪瀬直樹  4,338,936票

2014年 舛添要一  2,112,979票

 

この得票数の結果を見る限り、都知事選を

制するためには200万票以上の得票数が

必要であることが分かります。

 

今回の都知事選で

桜井誠氏はかなりの票をとると、

筆者は予想。

 

それも、もしかしたら100万票の

大台に乗せるかも知れません。

 

この都知事選は次回都知事選の

“予行演習”と語る桜井誠氏。

 

眠れる“浮動票”という山を動かすことが

できれば・・・

 

筆者の集めた情報を元に分析すると、

桜井誠氏の当選確率は現状40%位かも。

 

これから終盤に向かう選挙戦。

ネットでの拡散が広まればその確率も

どんどん上がって行くでしょう。

 

もしかすると・・・!?

 

もし、この記事が目にとめてもらえたなら

桜井誠氏の街宣動画を見ることを

お薦めします。

 

また、今回の都知事選の候補者で

“こいつは一体?”という候補者がいたので

別の記事でも取り上げています。

 

最新の桜井誠氏の記事はコチラです。

 

最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました。m(_ _)m


スポンサードリンク



-政治