時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ ビジネス

早乙女哲哉の天ぷらメニューは?値段や店の場所と経歴が気になる!

 

130歳まで現役で天ぷらを揚げると豪語する

東京は門前仲町にある老舗天ぷら屋

「みかわ 是山居」の店主の早乙女哲哉氏。

 

知ってる人は知っています。

早乙女哲哉氏は様々なメディアで過去に何度も

紹介されています。

 

えっ!?

まだ知らない...と。

 

そんな方に今一度、

“天ぷらに生涯を捧げる孤高のアーティスト”

早乙女哲哉氏とその天ぷらをご紹介!


スポンサードリンク




 

小野二郎も通う早乙女哲哉の天ぷら

小野二郎氏と言えば銀座の高級寿司として

過去にはオバマ大統領と安倍首相が夕食と

会談の場として訪れ、話題になりました。

 

オバマ大統領からも絶賛された寿司職人、

小野二郎氏からも

「他の店に行けない」...と。

 

そう言わしめているのが

早乙女哲哉氏の揚げる天ぷらなのです。

saotometetsuya3出典:http://macaro-ni.jp/1398

 
料理評論家の山本益博はこのような話も。

「一般的に生で食べると美味い食材でも

生以上に仕上がることを初めて知った」と。

 

衣をつけて油で揚げるだけ...

シンプルな料理である天ぷらが

早乙女哲哉氏の手にかかれば劇的に

生まれ変わる。

 

ぎりぎりまで素材に眠る風味と旨味を引き出す

名人芸とも言われる早乙女哲哉氏の天ぷらを

絶賛する声は多く、その味のファンも多いと。

 

パリッとした食感と香ばしさがほとばしる穴子

最大限まで甘みを引き出すため、芯はほんのり

レア状態にした海老、

生食よりも濃厚な味に生まれ変わる雲丹...と。

 
saotometetsuya2出典:http://macaro-ni.jp/1398

 

saotometetsuya4出典:http://macaro-ni.jp/1398

 
どれもこれもが食べてみたい!

そう思わずにはいられない天ぷらの数々。

 

筆者が食べる天ぷらと言えば...

玉ねぎの天ぷらに、大きく見せるために

衣がいっぱいついた海老、イワシの天ぷら等。

 

いわゆるスーパーの総菜売り場の天ぷらです。

 

旅行先で出される天ぷらも美味しいのですが、

一度は早乙女哲哉氏の揚げる天ぷらを

食してみたいものです。

 

でも、お高いのでは?...と思い、調べると?


スポンサードリンク




 

メニューはコースの“おまかせ”のみ

おまかせのメニューはというと・・・

 

車海老が2尾、きす、烏賊×2、海老真丈のお椀、

大葉を挟んで揚げた雲丹、めごち、松茸、穴子、

アスパラ、茄子、さつまいも。

最後に小柱のかき揚げの天丼にしじみの味噌汁。

 

このコース料金は15,000円ということです。

 

やはりというか、高級店ならではの価格。

ですが、最高の職人芸の味を一度は

味わってみたいと思うお客は多いようです。

 

“食べログ”での評価もかなりの高得点。

ならば一度は...と、遠方から足を運ぶ

お客も多いみたいですね。

 

そんな人気店を築き上げた早乙女哲哉氏は

当初は寿司職人になりたくて上京。

 

どこをどう間違ったのか、

父親に連れて行かれたのは上野にある

老舗てんぷら店。

 

でも、当時は小学校の先生の給料が7,000円。

天ぷら屋は30,000円。

ちなみに寿司屋は20,000円だったそうです。

 

で、給料の良さに惹かれて

この店で修行をスタートされます。

 

人前に出るのが苦手だった早乙女哲哉氏は

苦労しながら自らの味を探求。

 

そして30歳のときに独立。

 

15歳からスタートした天ぷらの道。

50年はゆうに過ぎた天ぷらの修行は

古稀を過ぎた今も続いていると語ります。

 

その飽くなき探究心

“名人芸”の腕を支えているのかも。

 

今回、『プロフェッショナル 仕事の流儀』

全国から集まった10代の若者が

その道のプロ達に弟子入り。

 

彼らは天ぷらのプロとして名高い

早乙女哲哉氏の元へも。

 

早乙女哲哉氏は自身のことをこのように。

「客との真剣勝負が己を進化させる」...と。

 

もう、昔気質の“職人”ですね。

 

10代の若い彼らが修行に付いていけるのか?

そこではどんな修行が待ち受け、

早乙女哲哉氏からどんなメッセージが

彼らに放たれるのか?

 

興味津々です。

 

また、今回の放送では

“世界一清潔な空港清掃員”として名高い

新津春子さんの元へも弟子入り。

 

新津春子さんの経歴も申し分ないほど

素晴らしい方です。

 

時事通信は彼女に注目した記事をアップ。

合わせてお読み頂ければ幸いです。m(_ _)m

 

羽根田を世界一にした清掃員の経歴とは!?


スポンサードリンク



-エンタメ, ビジネス