時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

未分類

島袋司の経歴プロフィールは?店のラトリエの場所や料理が気になる!

 

沖縄の野菜と聞いてまず頭に浮かぶのは

ゴーヤーくらいなもの。

で、魚貝類と言えばアオブダイやガサミ、

そしてヤシガニは知っています。はい。

 

某番組で“とったど〜”と、よゐこの濱口優が

銛で突いた魚がアオブダイ。

 

テレビを見ていた大阪人の筆者は

あまりの鮮やかなブルーの魚体、

「これ食えるんか?」と。

 

筆者は大阪人。

スーパーや魚屋で今だかつて見た事もなく、

仮に売っていたとしても買わないでしょう。

 

さらに究極の甲殻類はヤシガニ。

見た目が巨大な蜘蛛を想像してしまい

恐怖すら感じます。

simabukurotsukasa2これは筆者のイメージしたヤシガニです。
気を悪くされたらすみません...はい。

 

そして沖縄の郷土料理でもある

ウミヘビを使用した「イラブー汁」。

乾燥させたウミヘビがぶつ切りにした状態で

テーブルに出されるようです。

プリント

見た目は怖いですがなんとウミヘビは
キロあたり1万円の高級食材!


スポンサードリンク




 

そんな沖縄の「食」に関して

あまり良いイメージを持っていなかった筆者。

 

調べてみるとそれは大きな間違いでした。

沖縄では古来、琉球王朝の時代から

医食同源の考えの下、様々な野菜や野草、

果物が食されていたようです。

 

沖縄は隆起珊瑚によって出来た土地であるため

本土と比べるとミネラル分の多い土壌。

 

そのため、都会で見られる野菜よりも

味や香り、色合いも濃い野菜が多いという。

各種ビタミンやミネラルなどの

栄養分が豊富なのが特徴だとも。

 

最近の研究報告でも各種有用成分が発見され、

現在では健康食品や化粧品に利用されるほど

注目を集めているそうです。

 

今回の記事はこの食の宝庫

沖縄でフレンチレストランを経営する

料理人島袋司さんに注目しました。

 

何でも趣味が料理なんだとか。

島袋司さんの経営するレストラン

「Latlier(ラトリエ)」で提供される

メニューは一風変わっているとも。

 

そのレストランで出される料理は

“亜熱帯ガストロノミー”が人気だとも。

 

なんじゃそれ?

あまり聞き慣れない言葉ですが

とにかく好評らしい...

 

ということで島袋司さんの経歴プロフィール、

Latlier(ラトリエ)で出されるメニューの

“亜熱帯ガストロノミー”なるものの

正体を調べてみる事に。


スポンサードリンク




 

沖縄特有の風土料理を提供する店

と、これが亜熱帯ガストロノミーを

簡単に説明したものと筆者は勝手に考察。

 

ウィキペディアによる説明では

「料理を中心とした様々な文化的要素で

構成される」と書いてあります。

 

つまり亜熱帯地方の沖縄でしか味わえない

食と文化の融合というのが正しいのかも。

 

で、そんな沖縄を感じられる料理を

提供している島袋司さんをここでご紹介。

 

名 前:島袋司(しまぶくろ つかさ)

誕生年:1976年

現年齢:41歳

出身地:沖縄県那覇市

家 族:夫婦と子供3人の5人家族

 

島袋司さんは沖縄の調理師学校を卒業後、

単身上京。

 

有名なフレンチレストラン

「オテル・ドゥ・ミクニ」で7年間の修行。

 

沖縄で取れる食材とフレンチの融合を目指し

2008年にLatlier(ラトリエ)をオープン。

 

店 名:フレンチレストラン ラトリエ

住 所:那覇市上之屋1-10-3
    エレガンスコーポフェリーチェ 2F

電 話:098-862-8167

営業時間:18:00~23:00

定休日:月曜日

 

食材は島袋司さん自ら選び抜いた

地元の野菜、魚、お肉ばかり。

 

提供される料理の器も沖縄を感じさせる

琉球ガラス、読谷山焼きを使用し、

地元や県外のお客にも好評とのこと。


スポンサードリンク




 

ラトリエってこんなお店!

沖縄県内の農家を訪ね、あるいは

市場で旬の食材を調達するなど、

調達から調理まで一人で行う島袋司さん。

simabukurotsukasa4出典:www.kawaberi.net/shimabukurotsukasa-5010
“地元の食材で作るフランス料理”

これにこだわる島袋さんのお店や

料理の一部をご紹介。

simabukurotsukasa5

simabukurotsukasa6

simabukurotsukasa7

simabukurotsukasa8出典:www.churatoku.net/info/0000692.aspx

 

おぉっ!

これが“亜熱帯ガストロノミー”か!

 

沖縄独特の琉球のお皿に盛りつけられた

料理が食欲をそそります。

 

その料理もなんと色鮮やかな...!

色の濃い野菜は身体にも良いと言います。

やはりミネラルの多い土地で取れた食材と

沖縄の文化が見事に融合されています。

 

もう、見るだけでお腹が減ってきました。

 

さて、家のムーミンママ(妻)は

今夜、どんな夕食を作ってくれるやら。

 

えっ!?

今日の晩ご飯はレトルトのカレーに

ポテトサラダ?

 

それってもしかして...

“レンジでチン”ってやつか...

がっくし (>﹏<)


スポンサードリンク



-未分類