時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ スポーツ

サブティオ(テーブルサッカー)っておはじき?ルールや遊び方と道具も!

 

うぉぉっ!

これは面白そうなスポーツかも?...と。

 

筆者の予想では今後、このゲームは爆発的に

“ブーム”が来る予感がします。

 

そのゲームは“サブティオ” と呼ばれる

英国発祥のテーブルサッカーのことです。

subbuteo5出典:http://nosk.jp/

 
どうやら日本でもメディアにも取り上げられ、

“おはじきサッカー”との別名も。

 

そんな“サブティオ”をまだ知らない、

一体、どんなゲームなのかをご紹介。


スポンサードリンク



 

サブティオでW杯を目指せ!?

少々大げさなタイトルを付けましたが

このサブティオ、日本ではまだまだ

認知度の低いスポーツではあります。

 

...がしかし!

 

このサブティオ人気、海外ではメジャーな

スポーツで、世界中で500万人以上の人々から

親しまれているという。

 

で、一体どんなスポーツやねん!

はよっ!

 

はい。簡単に言うと、足ではなく

指でボールを運ぶ、

イギリス発のおはじきサッカーなんです。

subbuteo2

 
W杯(世界大会)も開かれているそうですが

日本は未だ一回戦での敗退が続いています。

 

ただし、今後は日本でもサブティオの

競技人口が増える事で、W杯の優勝も

夢ではないかも?

 

元々、日本人は手先が器用な民族。

幼い頃から慣れ親しんで来たおはじき...

 

それよりも競技人口の少ない今なら

W杯出場もあり得るかも知れません。

 

筆者に限らず小学生の頃は

消しゴムをちぎっては机の上で

はじいて遊んだ方も多いのでは?

 

えっ!

高校や大学でもやってたって?

 

次にサブティオのルール遊び方道具

写真を交えて紹介します。(`・ω・´)b


スポンサードリンク



 

日本でも昔からサブティオはあった!

そうなんです。

サブティオの道具はとうの昔から日本でも

販売されていたようです。

subbuteo4出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/255178/blog/30699898/

 
どうも、日本ではテレビゲームに押され、

いつの間にか忘れ去られた存在に。

 

で、ルールや遊び方はいたってシンプル。

 

テーブル上に広げたサッカー競技場の模型に

プレイヤーとボールを配置。

 

二人のプレーヤーがおはじきの上に乗った

選手の模型を指ではじき、ボールに当てます。

 

そう、サッカー選手がドリブルをしている様に

選手を弾いていき、ゴールを狙います。

 

 

攻撃側の選手を弾き、ボールに当たらなければ

ここで攻守交代に。

 

守備側は自分の選手を動かして相手の

シュートを阻止することも。

 

弾く際は人差し指か中指のみ。

サッカーと同様、ボールをゴールに入れる...

 

はい。

これだけです。

 

細かいルールはありますが、

ここでは省略します。

 

そんな長いルール説明しても

皆さん、読まないような...(=ω=)

 

とにかく、今後は再びブームになる予感のする

サブティオ。ルールは簡単ですがそこには

様々な戦術やテクニックが必要とされます。

 

指先を動かし、緻密な作戦を考えることで

今後は老人ホームや介護施設での

導入も考えられるのでは?

subbuteo3出典:http://2015.yfff.org/ohajiki/

 
激しく身体を動かさずに手軽にサッカーの

醍醐味を味わえるサブティオ。

 

人気に火がつく事間違い無し!...かも。

 

ほんと、まだまだ知られていない

面白いスポーツがあるものです。

 

そんなまだ知られていない珍しくて

面白いスポーツを次にご紹介。


スポンサードリンク




 

こ、これは!?痛面白スポーツ

筆者はネットで世界中の変わったスポーツや

珍しいスポーツを見るのが好きなんです。

 

で、最近知ったスポーツを2つばかり

紹介しようと思います。

 

もしかしたら...

 

そんなもん、昔っから知っとるわ!

あんたが遅れてるだけや...と。

 

まぁ、ご存知の方はご勘弁を。m(_ _)m

 

まずは何の“罰ゲーム”なのか?

もはや意味がわかりません。アメリカ人って...

絶対にやりたくないスポーツです。


出典:YouTube公式サイト
 

対格差を補うためにスタンガンって、

他にもあるでしょうに。

 

次は『世界の果てまでイッテQ!』で

イモト アヤコが透明のボールに入って

牛とぶつかる“アレ”です。


出典:YouTube公式サイト
 

どうでしたか?

世界には本当に“オバカ”なスポーツが

たくさん有って我々を楽しませてくれます。

 

機会があればまた世界の

“珍”スポーツをご紹介しますね。


スポンサードリンク



-エンタメ, スポーツ