時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ

高木紀和のHUGプロジェクト(結婚式)に感動!経歴プロフィールも!

2017/02/10

 

ガンダムを超えるロボットの進化系がここに!

・・・と。

本当に驚きました。

 

VRとロボットのテクノロジーが

融合すると、将来はガンダムを超える

戦闘マシーンが登場するのでは?

 

そんなSFのような世界を見る思いです。


スポンサードリンク



 
今回はVR(バーチャルリアリティ)を駆使し、

結婚式に出席できない祖母の代理で出席した

ロボットの心温まる記事です。

 

はぁ!?

ロボットが代理出席って何かの余興か?

 

そんな声が聞こえてきそうですが、

この壮大なプロジェクトの名前は

『HUG project』と言います。

 

これを実現したのは日本人の高木紀和さん。

 

一体、『HUG project』って何?

どんなシステムなの?

高木紀和さんの経歴プロフィールは?

 

そんな気になるアレやコレを調べてご紹介。

 

HUG projectとは?

病に倒れ、寝たきりになった祖母にも

臨場感あふれる結婚式の披露宴に来てほしい...

そんな願いから始まったHUG project。

 

祖母と孫の思いを繋いだのが

視線追跡型のディスプレイとソフトバンクの

最先端ロボットのPepper(ペッパー)。

takaginorikazu2

Pepperに搭載されたカメラと遠く離れ、

ベッドで寝たきりの祖母の頭に装着された

ヘッドマウントディスプレイ。

 

祖母の目に映ったのは自分自身が披露宴の

会場にいるかのような光景。

 

その時の映像がこちらです。


出典:You Tube公式

 

祖母の動く手や視線に合わせてPepperも

その動きに同調。

また、お互いに言葉を交わします。

 

まるで高木紀和さんの大好きな祖母が

披露宴の席にいる様な錯覚さえ。

 

新郎新婦を抱き抱えようとする祖母の動きは

そのままPepperが二人を包み込むように。

 

現代のテクノロジーが可能にした

新たなコミュニケーションの誕生です。

takaginorikazu3出典:http://robotstart.info/2015/12/21/kozaki_shogeki-no1.html

 
こんな最先端のプロジェクトを考案し、

実践した高木紀和さんはどういう方なのか?

 

ここでプロフィールのご紹介を。

名 前:高木紀和(たかぎ のりかず)

生年月日:1986年5月23日

現年齢:30歳

出 身:愛知県犬山市

高 校:滝高等学校

大 学:名古屋大学

前 職:株式会社リクルート

職 業:ダックリングズ株式会社 代表

 

 

仕事はVR技術の開発や提供を行っている

インターネット関連のベンチャー企業。

 

過去にはPepperを使った“ロボアプリの”

Pepper App Challenge 2015 Winter

このコンテストで最優秀賞も。


スポンサードリンク



 

増々進化するロボットの未来

高木紀和さんのHUGプロジェクトによる

結婚披露宴は各メディアに取り上げられ

注目を浴びているようです。

 

素晴らしい試みに感動さえ...

 

進化するVRの技術革新。

一体どこまで私達の生活に影響を及ぼすのか...

筆者は以前にこんな話を聞いた事があります。

 

将来、営業マンの仕事はなくなる...と。

 

この動画を見れば本当にそんな時代が

やってくるのかも知れません。

 

それどころか世界の軍事事情が

大きく変わるのかも?

 

例えば戦車も遠隔操作する事で

兵士は誰も傷つきません。

または、ターミネーターのような

兵士が現れるようになるのかも。

 

すでにアメリカなどでは無人の

偵察用の飛行機が飛び回っているとも...

 

 

なんだかきな臭い話になりましたが

この最先端のVRとロボットを駆使した

『HUG project』には世界中の人々を

感動させる大きな可能性があります。

 

今後はどんな進化を見せるのか?

その進化の先には・・・

 

ガンダムを超える

ガンダムの世界があるのかも?

 

う〜ん。

やっぱりガンダムが頭から離れないようです。

 

最後に余計なおせっかいかもしれませんが

披露宴での『HUG project』には

重大な欠点があるようにも。

 

それは・・・

 

ロボットに主役の座を奪われるのでは?

と言う事です。

 

結婚披露宴といえば何と言っても

新郎新婦が主役。

 

もし、テーブルにPepperがいれば

その存在感は新郎新婦を圧倒するかも...です。

 

Pepperの一挙手一投足が

気になって仕方がない、

もう、視線は新郎新婦ではなくPepperに...

 
そんな気がするのは筆者だけ?


スポンサードリンク



-エンタメ