時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ

高根晋作(S.O.T)の正体は何者?仕事やプロフィールが気になる!

 

高根晋作...

一文字かえると高杉晋作ですね。

 

幕末の尊王攘夷の志士として長州藩で活躍した

“あの”高杉晋作です。

時代劇や教科書でも良く耳にする名前です。

 

ご両親が名前を名付けるときに

高杉晋作のような人物になって欲しいと

そんな願いを込めたのが手に取るように...


スポンサードリンク



 
その、高根晋作さん。

現在ではS.O.Tなる謎のメンバーに!?

 

なんやソレ?

もしかして政府転覆を狙った

新たなテロ集団か!?...と。

 

でも、どうやら違うようです。

S.O.Tっていうのは単なるお風呂好きの

集まりみたいです。

 

では、何故マツコの番組にまで

取り上げられるのか?

 

少々、気になったので高根晋作さんの

経歴やプロフィールを調べると...!?

 

サウニスト集団 って一体何?

それでは高根晋作さんがメンバーとして

活動している謎の集団“S.O.T”の説明を。

 

S:そんなアホな
O:俺たちの手持ち金、すべて合わせて
T:thousand(1000円)

 

...はい、これは嘘です。

正しくは・・・

 

S:サウナで
O:ゼロから
T:1000(thousand)まで数える

 

これをモットーに活動している集団です。

高根晋作さんのお父さん、お母さん

ご安心下さい。

 

高根晋作さんは立派に成長されて

現在では“S.O.T”を通じて広く世の中に

貢献されています。m(_ _)m


スポンサードリンク



 
謎の集団のメンバー高根晋作さん、

やはり“謎”だらけ。

 

当然、ウィキペディアに出ているはずもなく

その正体は謎のまま。

 

唯一分かっている事は・・・

 

名 前:高根晋作(たかね しんさく)

愛 称:モヒカンパイセン(先輩)

モヒカン歴:20年

生年月日:1982年

出身地:静岡県浜松市

趣 味:スーパー銭湯巡り/ウォーキング

好きな音楽:フィンランドメタル

好きな映画:かもめ食堂

好きなスピーカー:Amphion

好きな言葉:源泉掛け流し

仕 事:レコーディング・エンジニア

 

高根晋作さん、普段のお仕事は

レコーディング・エンジニアとして今までに

MINMI、INFINITY16、湘南乃風など、

名だたるアーティストと共に仕事を。

 

また、サウニスト“S.O.T”のメンバーとして

200軒以上のスーパー銭湯巡りも。

 

200軒以上ってどんだけマニアなの?

200回行ったとは違うんですよ旦那。

 

で、高根晋作さんはそのスーパー銭湯の

善し悪しをブログを通じて紹介...と。

 

そんなS.O.Tの高根晋作さんが

『マツコの知らない世界』に登場。

 

200軒以上のスーパー銭湯巡りをしたという、

謎の3人組“S.O.T”。

その“おバカ”トリオが出演されるようです。

takaneshinsaku3出典:http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

 
番宣では“サウニスト集団 S.O.T”の3人が

知られざる「スーパー銭湯」の世界をご案内!

・・・と。

 

何だか今更感のあるスーパー銭湯ですが

気軽に温泉気分を味わえるスーパー銭湯。

食事も楽しめて、まさに一石二鳥。

平日でも夕方から多くの入浴客で賑わいます。

 
takaneshinsaku2

 
そこで現在のスーパー銭湯って

そんなに凄いのか?

どんな施設があるのか?

 

未だスーパー銭湯未経験の方にご紹介を。


スポンサードリンク



 

至高のリラクゼーション空間

手頃な料金で温泉気分。

S.O.Tの高根晋作さんがハマるのも

無理はないと。

 

まるで温泉宿の雰囲気そのままの外観や

入浴施設は目を惹くものばかり。

 

筆者も近場で利用するのが

“水春”というスーパー銭湯。

 

様々な岩盤浴も兼ね備えた“異空間”の世界。

各種雑誌や漫画、テレビなども揃えています。

もうね、1日中でも時間を潰せるんですよ。

 

はぁ!?

TVなんかどこのスーパー銭湯にもあるやろ!

 

...と。

そんな声が聞こえて来そうですが

なんと!一人1台なんです。

 

それもソファに寝転びながら・・・

 

記事ではその魅力をご紹介しきれないので

リンクを貼りますので興味の有る方は

コチラからご覧下さい。

 

今回ご紹介した水春だけでも

スーパー銭湯の“進化”が分かるのでは?

 

他にも京都ではこんなスーパー銭湯が大人気。

それがコチラの一休(京都本館)。

 

 

“非日常”の世界が広がるスーパー銭湯。

その魅力を高根晋作さんはどう語るのか?

また、どんなスーパー銭湯を紹介するのか?

興味があるところです。


スポンサードリンク



-エンタメ