時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

スポーツ レスリング

頸髄完全損傷の高山善廣「回復の見込みなし」の悲報にファン衝撃!

 

5月に大阪で行われたプロレスの大会で

大怪我をしたことから長期入院を

余儀なくされていた人気レスラーの高山善廣。

 

当初は頸髄損傷および変形性頸椎症と発表され

1日も早い回復とリングでの勇姿を望んでいた

プロレスファンでしたが...


スポンサードリンク




 

4日、関係者の会見が後楽園ホールで行われ、

頸髄完全損傷で回復の見込みはないと

診断されたことが発表されました。

 

当初は人工呼吸器をつけての呼吸でしたが、

現在は自発呼吸できるまでに回復し、

大阪の病院から関東の病院に転院。

 

高山善廣氏の現状は意識はあるものの、

肩から下の感覚が戻っていないという。

 

今回の発表は医師の診断によるもので

「回復の見込みは現状ない」との診断結果。

 

しかし、現状はないということは

治療とリハビリ次第では将来、

回復の見込みがあるのかも...と。

 

ただ、気になるのが“完全損傷”という言葉。

それは一体、どういう症状なのか。

治療法はあるのかなど、調べてみました。

 

また、何故こんな悲惨な事故が起こるのか?

頸椎損傷を始め、硬膜下血腫と重傷者が

相次ぐ日本のプロレス界。

 

近年ではノアの三沢光晴も試合中に

危険な技をかけられての事故死。

明確なルール作りが急務なのではと。


スポンサードリンク




 

あまりに危険な格闘技プロレス

WBC世界バンタム級チャンピオンにして

“絶対王者”の山中慎介が試合途中で

セコンドからのタオル投入でTKO負けにより、

チャンピオンの座を追われることに。

 

タオル投入の時期が早過ぎたと

物議をかもしたこの試合。

賛否両論が今もあるようです。

 

ただ、ボクシングにしても

総合格闘技の試合でも、危ない場面では

必ずと言っていいほどストップがかかります。

 

対して、プロレスにはそれがありません。

むしろ、手に汗握る危険な技の応酬に

ファンはプロレスの醍醐味を見いだします。

 

レスラーもファンの期待に応えようと

過激な大技を繰り出し、観客にアピール。

 

その技の多くは、考えてみれば

どれもが危険なものばかりです。

 

剣道では身体を防護するために剣道着が、

柔道では投げ技の多くは背中から落とします。

 

ボクシングに至ってはリングサイドから

セコンドが試合の指示とともに

選手の安全に目を光らせています。

 

ショー的要素が多分にあるプロレスでは

レスラーが繰り出す危険な決め技の瞬間を

固唾を飲んで見守るプロレスファン。

 

 

一時期は低迷していたプロレスが

人気を取り戻し、復活したのはレスラー達の

怪我をも恐れぬパフォーマンスの賜物。

 

人気が回復した今こそ、

安全性が議論される時期にきたのかも。


スポンサードリンク




 

頸髄完全損傷の治療法は?

結論からいうと、やはり現在では

治療はやはり非常に厳しいようです。

 

スポーツ選手に限らず、高所作業中での

落下事故や交通事故、自転車での転倒などで

頸椎を痛めることがあります。

 

頸椎は7個の骨があり、手足を動かすなどの

脳から“指令”を出す脊髄を守っています。

 

今回、高山善廣氏が試合中にかけた

「回転えび固め」の失敗で頭から落下。

takayamayoshihiro2
その時の衝撃で頸椎の中の「脊髄」を損傷。

この脊髄は極めて大切な中枢神経組織。

 

この組織は損傷を受けると二度とその組織は

再生することがないと言います。

 

軽症であれば手足に痺れが残るものの、

次第に軽快に向かう事も。

 

事故にあった高山善廣氏のように

完全損傷というような大怪我の場合、

脳でいくら指示を出しても、神経の

伝達が伝わることはないとも。

 

しかし、iPS細胞を使った研究では

マウスや小型の霊長類を使った臨床試験では

運動機能の回復に導くことに成功。

 

ただ、人間での臨床ま今だに棚上げ状態。

理由は腫瘍化の問題や莫大な費用と時間。

 

もし、iPS細胞を使った脊髄の

再生医療が確立されたら、薬物療法と

リハビリ、そして細胞移植の治療で

多くの患者に未来が灯ると言います。

 

是非、そんな時代がくる事を臨みます。

高山善廣氏にはそれを信じて

リハビリに専念して欲しいと願います。

 

もしかしたら...

プロレス界のスターは明日にでも

“奇跡”を起こすかも。

 

それを信じましょう!

 

最後になりますが、今現在、

高山善廣選手を支援するための

大きな輪が広がっています。

 

そのひとつが、プロレス会場での

グッズ販売やチャリティー興行など。

また、募金などがあります。

 

直接、高山善廣氏を支援される方は

以下、高山善廣公式ブログからも可能。

 

高山善廣氏のコメントと共に、情報を

引用致します。

 

「この度は私、高山善廣を支援して頂く会を
発足していただき、また、その発表に
お集まりいただきました皆さんに、感
謝いたします。

去る5月4日、試合中、頚椎を痛めてしまい
首から下が全く動かず、また呼吸も
できなくなってしまいました。

首の手術を受けた後、心臓停止などのトラブル、
術後の経過が思わしくなく、なかなか皆さんに
ご報告できる状況にありませんでした。

そんな私のために仲間たちが集まって、
私のために色々とやってくれると聞き、
感謝の気持ちしかありません。

みなさん、どうもありがとうございます。
私もどんどんアイデアを出していきます。

リハビリ頑張りますので今後とも
よろしくお願いします。

2017年9月1日 高山善廣」

 

【銀行振込】
東京三菱UFJ銀行
代々木上原支店(店番号)137

口座番号:普通預金 0057767

口座名義:株式会社 髙山堂

 

今までプロレスに興味が無かった方も

一度、その試合を生でご覧になっては

いかがでしょうか。

 

そこには手に汗握る、“異世界”があり、

老若男女を問わず、惹き付ける...

そんな世界があるのです。

 

今しばらくは“臨時休業”の高山選手。

プロレスを盛り上げるために

ベッドの上から一体、どんなアイディアを

出してくるのやら。

 

今後も高山善廣から

目が離せませんね。


スポンサードリンク



-スポーツ, レスリング