時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

オリンピック スポーツ 柔道

テディリネールは無敗の最強柔道家!経歴実績や世界ランクと弱点は?

2016/08/11

闘う前から負けることを考えるバカがいるか!

・・・と。


スポンサードリンク



 
これは、アントニオ猪木氏の有名なお言葉です。

 

たしかに猪木さん、あんたの言う通りです。

 

でも、でもですよ。

熊と闘って勝てますか?

 

ゴリラと闘って人間が勝てますか?

っていう話なんです...。

 

“お家芸復活”を世界に知らしめる為にはリオでの

重量級金メダルは至上命題の日本柔道界。

 

その100kg超級を制して初めて“お家芸復活”を

世界にアピールできることも分かります。

 

が、しかし!

 

そのお家芸復活を目指す日本柔道界の前に

大きく立ち塞がる“あまりにも大きな壁”・・・

 

その名はテディリネール

 

柔ちゃんこと谷亮子が打ち立てた

前人未到とも言われた世界選手権7連覇・・・

それをいとも簡単に超える8連覇。

このままいけばテディリネール9連覇も確実に。

 

2010年の世界選手権からは

100連勝以上と、未だ“無敗”の怪物。

 

今回の記事はそんな “モンスター” 柔道家

テディリネールに注目してみました。

 

テディリネールを止めるのは誰?弱点は?

teddyriner2 出典:http://alchetron.com/Teddy-Riner-364480-W

“普通のことをしていてはリネールを倒せない”

 

こう話すのはシドニーオリンピックで

金メダルを獲得した全日本監督の井上康生。

 

ここで“普通”じゃないテディリネールの経歴を。

 

名 前:Teddy Riner
   (テディ リネール)

生年月日:1989年4月7日

現年齢:27歳

国 籍:フランス

出身地:ポワンタピートル

身 長:204cm

体 重:141kg

階 級:100kg超級

世界ランク:1位

戦 績:2010年から負けなし(100連勝以上)

愛 称:テディベア

Championnat du Monde de Judo 2011 Finale des + 100KG Teddy Riner France et Andreas Toelzer出典:http://alchetron.com/Teddy-Riner-364480-W

204cmで141kg...

筆者が最初に思い浮かべた人物は

大相撲の琴欧州。

 

抜群の身体能力を持ち合わせ、

あっという間に大関まで上り詰めた東の大関。

 

体重こそ若干、下回るもののテディリネールは

さらに上を行く身長204cm。

 

また、特筆すべきはその“筋肉”です。

まさに“筋肉の鎧”をまとったボディ。

ただの“大男”が柔道をしているのではない!

 

それがこちら↓の画像。

teddyriner6出典:http://alchetron.com/Teddy-Riner-364480-W

体重140キロ超でこの体型はあり得ない!

そう思える位のパーフェクトボディ。

 

鍛え抜かれたこの肉体に加え、

パワーとスピードを兼ね備えたリネールは

若干18歳にして金メダリスト井上康生に勝利。

 

これがどれほど凄いのか!?

つまり、高校生が世界の井上康生に勝った

ということなんです。


スポンサードリンク



 
こんなモンスターに目をつけたのが・・・

格闘技団体のUFCです。

 

テディリネールは2013年、UFCから

ワンマッチ10億円のオファーを受けています。

 

空前の格闘技ブームに沸いたPRIDEでさえ

1試合10億円は聞いたことが有りません。

 

世界選手権8連覇に加え、今回のリオ五輪で

2連覇を達成すればその契約金は・・・!

 

ですが、テディリネールは総合格闘技に

転向するつもりはないという。

 

理由は「美しいスポーツじゃないから」と。

また、このようにも話します。

 
「ケガもするし、子供にも良くないよ。

だいたい僕は身体に傷が付くのが

好きじゃないんだ。フフフ」

 

フフフって、あんた本当に無敗の怪物?

意外に気が弱いの?...と。

 

でも、巨万の富よりも柔道家としての誇りと

姿勢を守り、柔道に打ち込むテディ

リネールに筆者はとても好感が持てました。

 

ただし!好感が持てたとは言え、リオ五輪で

彼を応援している訳では有りません。

 

当然、日本代表の原沢久喜選手を応援。

 

怪物相手にどんな秘策があるのか?

テディリネールに弱点はあるのか?

 

もう少し調べてみました。

 

テディリネールを倒す秘策はあるのか?

絶対王者として柔道界に君臨する怪物。

 

2m越えの身長と140kgを超える体重と

他を寄せ付けないパワーとスピード。

teddyriner5出典:http://alchetron.com/Teddy-Riner-364480-W

また、技の切れ味も鋭くキャリアも十分。

 

ハッキリ言うと・・・

今のテディリネールに死角は見当たりません。

リオ五輪での金メダルはほぼ確実でしょう。

 

普通の事をやっていてはリネールを倒せない。

普通ではなく“異常”な事を求めていくのがカギ

と井上康生監督が語っていることから、

 

もしかしたらリネール対策があるのかも?

期待したいところです!

 

過去の重量級のメダリストの中でも

“最高のメダリスト”と言われるリネール。

 

この“進撃の怪物”を止めるのが日本の

原沢久喜であって欲しいものです。

 

「今まで通りの準備をしていては勝てない相手。

奇襲技や相手が予想もしないものを準備

しないといけない。」

 

このように話す原沢久喜。

リネール相手にどんな秘策があるのか?

是非とも怪物を慌てさせて欲しいものです。

 

 

10億円のオファーを蹴り、リオ五輪にかける

男子柔道の台風の目

“怪物” テディリネールに大注目です。

 

今回のリオ五輪では金メダルに

最も近い男として73kg級の大野将平に

注目が集まっています。

 

未だ金メダルを獲得していない

日本柔道にとっては益々期待が高まります。

 

しかし、その大野将平の前に立ち塞がる

最大のライバル・・・

 

その名前は日本生まれの日本育ちの

イケメン柔道家の安昌林です。

 

また、今回のリオ五輪では連日にわたり

日本人の活躍が速報で届けられています。

 

時事通信ではカヌーで日本人初の銅メダルに

輝いたイケメンメダリスト羽根田卓也さん、

そして前回ロンドンの銀メダリスト

ウルトラマン古川もメダルの期待が!と...。

 

彼らの記事も公開していますので合わせて

お読み頂ければ幸いです。m(_ _)m


スポンサードリンク



-オリンピック, スポーツ, 柔道