時事通信

気になる旬の情報を発信していきます

エンタメ お笑い 芸能

山本圭壱(極楽とんぼ)の謝罪ツアーの日程は?料金や内容が気になる!

いまさらですか...。

もう、すっかり忘れていました。


スポンサードリンク



 
『めちゃイケ』に山本圭壱が久しぶりに出演!

ということで、多少気になった筆者は録画を...。

 

10年前、筆者は毎週かかさず『めちゃイケ』を

見ていました。

 

この番組でブレイクした芸人も多く、その中でも

極楽とんぼの二人は番組の人気を支える

キーパーソン的な存在。

 

そんな極楽とんぼの山本圭壱が

未成年に飲酒させて淫らな行為に及び、芸能界を

追放されて10年...。

 

ヤフーニュースでも取り上げられ、

相方の加藤浩次と共に9月3日から

極楽とんぼ謝罪ツアー』を開催との報道が。

 

今回の記事は山本圭壱が10年ぶりに出演した

『めちゃイケ』を見た筆者の感想や

活動再開を世間やネットはどう見ているのか?

 

そんな、気になる“声”を集めてみました。

 

録画していて良かった!?

仕事から帰って来た筆者は遅めの夕食後、

早速録画していた『めちゃイケ』を視聴。

 

・・・長い。

 

山本圭壱が出てくる迄が長過ぎる!

 

我慢できずに筆者は“早送り”を・・・

 

やっと番組の中盤を過ぎたあたりに山本圭壱が。

 

10年の歳月を経て“ひとりの芸人”を復活させる

その意図は分からなくもないのですが

あまりにも“プロローグ”的なものが長過ぎて

チャンネルを変えた方も多かったのでは?

 

番組では確かに“お涙頂戴”的なシーンもあり、

思わず“ぐっ”とさせられた場面も...。

 

山本圭壱を慕う仲間や、復帰させたいと願う

加藤浩次の思いも十分に分かりますが・・・

 

それだけでフジテレビが

当然“動く”わけが有りません。

 

そんなことは誰でも分かるはず。

 

そこには・・・

 

視聴率を取るための“企画”なのでしょうか、

ある意味、山本圭壱“をさらし者”にする事で

“数字”を取ろうとするフジテレビの思惑が

垣間見えます。

 

まぁ、台本通りとは言え、

“演出”がくど過ぎる・・・

 

番組を見ての素直な感想です...。

 

この記事を書いている最中にも

山本復帰「めちゃイケ」今年最高タイ11.9%、

瞬間最高16.3%という、報道がありました。

 

視聴率低迷に喘ぐフジテレビにとっては

“思惑”通りの展開になっているのかも?

 

筆者の職場の仲間内でも『めちゃイケ』を

見ていたと言う人の話では、やはり“回りくどい”

と...。そんな意見が多いですね。

 

『めちゃイケ』での復帰は当面ないようですが、

極楽とんぼとして謝罪ツアーを行うとの事。

 

何やら全国14カ所での謝罪ライブを

行うようです。

 

その、謝罪ツアーなるものの日程料金

気になり、その情報を調べてみました。


スポンサードリンク




 

山本圭壱の謝罪ツアーの日程と料金は?

9月3日から始まる謝罪ツアーの日程です。

9月 3日(土) 札幌
9月10日(土) 仙台
9月15日(木) 新潟
9月18日(日) 福岡
9月19日(月・祝)いわき
9月24日(土) 名古屋
9月25日(日) 静岡
9月26日(月) 横浜
9月29日(木) 石川
10 月1日(土) 神戸
10 月2日(日) 高松
10月8日(土) 宮崎
10月9日(日) 熊本
10月15日(土)  広島

 

で、気になるライブの料金は

3000円とのこと。

 

へぇ〜

金、取るんや。

謝罪する人間が金取るってどうなん?

3000円が高いか安いかは分からんけど

普通、謝る側は金取らんやろ!...。

 

と、そんな“天の声”が・・・

 

確かに、吉本の売れっ子タレントだった

山本圭壱の10年ぶりに行われるライブとなり、

物珍しさから話題を呼んでいるようです。

 

ライブの内容は明らかにはされていませんが

『めちゃイケ』の撮影や、ロンブー淳の

電撃参戦の可能性が囁かれています。

 

筆者である私は少なからず

山本圭壱には頑張って欲しいとの思いが。

 

それは、相方の加藤浩次の“思い”が

ひしひしと伝わるからです。

yamamotokeiiti2

 

確かに山本圭壱の起こした不祥事は

許されるものでは無いでしょう。

 

でも、でもですよ。

過去の過ちを反省し、立ち直ろうとする人間に

チャンスを与える機会があっても良いのでは?

 

“敗者復活戦”というやつですか・・・

 

今回の『めちゃイケ』での謝罪と

復帰については賛否両論があることも事実。

 

記事冒頭の“いまさら”感は多くの人が

感じているでしょう。

 
 

山本圭壱が消えて10年...

お笑い界には続々とニューヒーローが誕生。

 

筆者の記事でも取り上げている大松絵美

相席スタートなど、連日のように新たな

お笑い界の新星が現れています。

 

また、お笑いのネタだけでなく、

いけや賢二のように特殊な才能を持ち、

それを武器にする芸人も。

 

今の若い世代の方は山本圭壱を知る人は

恐らく、少数ではないかと・・・

 

10年のブランクをどのように

取り戻せるのか!?

注目されるところです。

 

山本圭壱は低迷するフジの起爆剤?

フジテレビ主導の復帰作戦?に筆者は

違和感を感じざるを得ません。

 

視聴率を稼ぐための“道具”には

絶対にされて欲しくないところです。

 

視聴率が取れなくなると“用済み”の可能性も。

 

そうならないためにも、“コント”を磨き、

とことん追求して行く事ができれば

自然とファンは増えていくでしょう。

 

『めちゃイケ』がいつまでも続くわけでは

ありません。

 

どこのテレビ局も同じですが、

視聴率が取れなくなった時点で“打ち切り”に。

 

今回、フジテレビが山本圭壱を担ぎだした

真相はそこにあるのでは?,,,と、

ネット上ではそんな声も上がっています。

 

芸人は世の中に求められて“なんぼの世界”

求められなくなればバックボーンのない

山本圭壱はまた苦境に立たされる事にも。

 

今後、山本圭壱はどんなコントを披露

するのか?

10年前と同じ芸風ではすぐに

飽きられてしまうのは時間の問題です。

 

純粋に“お笑い”を求める人達を納得させる

“ニュー山本圭壱”の今後が良くも悪くも

注目されるところではないでしょうか?


スポンサードリンク



-エンタメ, お笑い, 芸能